E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 花を長持ちさせる方法とは?どのご家庭にもあるアレで解決!

花を長持ちさせる方法とは?どのご家庭にもあるアレで解決!

2017-07-14 07:00:00

あたたかくなり花屋の店頭もカラフルに色づく今日この頃。女子ならば、花を飾って部屋の雰囲気を変えたり、リフレッシュしたり、気分転換をしたいものですよね。

でも「買ってもすぐ枯れちゃうし…」と、花のある暮らしを諦めている人も少なくないのでは?

大丈夫、どこの家にもある“アレ”さえあれば、花は長持ちしてくれるのです。「普通に花瓶に入れるだけ」よりも、遥かに長持ちさせる簡単な方法があるのです。今回は、花屋さんに聞いた花を長持ちさせる方法をお伝えしたいと思います。

洗剤のアレが花を長持ちさせます!

花を持ち帰ったらさっそく花瓶に水を注いで、アレを入れましょう。花を花瓶に入れるのはアレを入れたあとです。そのアレの招待は「漂白剤」です。えっ? そんなことしたら花が死んじゃう! なんて思うかもしれませんが、死滅するのはバクテリアのほう!

漂白剤の効果により、花瓶の水でバクテリアが繁殖しにくくなって、結果的に花が長持ちするのです。皆さんは、花瓶の内側がヌルヌルしたことはありませんか? それがバクテリアです。漂白剤は、そのヌメリも抑えます。

漂白剤と一緒に砂糖も入れよう

漂白剤の量は水1に対して5~6滴です。ジョボジョボと大量に入れる必要はないです。「入れすぎないか心配!」という人は、より少なめでも効果がありますので、2~3滴でも良いです。

漂白剤は、とても強い洗剤です。人間が手で触れると、皮が荒れますよね。そんなイメージがある事から、「花が痛んじゃう!」と心配する人が多いのも事実ですが、長持ちするのも事実なのです。

ちなみに、漂白剤と一緒に砂糖を小さじ1杯ほど入れると花の長持ち効果が高まりますよ。ただし、砂糖を入れ過ぎると逆に花が弱まる原因になりかねないので、花瓶の大きさに応じて、入れる量を加減しましょう。この記事の花瓶ぐらいでしたら、砂糖3~5グラムで十分でしょう。

花瓶に挿す前のひと手間でぐっと長持ち

花を買ったら、やかんで湯を湧かし、切り花の断面にさっと浸して湯上げをしましょう。茎から水を吸い上げる力が高まるため、萎れた際の延命措置にも有効。時間としては10~20秒程度で十分です。ただし熱湯に浸けるのは茎の部分で、花にはかからないようにくれぐれもご注意ください。

水切りは確実に長持ちする秘訣

お湯を沸かすのが面倒な人は、もっと簡単に花を長持ちさせる方法があります。花瓶に入れる前に「水切り」をするのです。茎の先を水に沈め、空気に触れない状態のままハサミで「断面が斜めになるように切る」のです。そうすることで、花が長持ちします。

水に浸る部分は葉を取ろう

花瓶に花を入れたとき、葉が水に浸っていませんか? 水に浸る部分の葉は取り除きましょう。そうすると、花や水が腐るのを抑えることに繋がります。とはいえ、葉は「見栄え」の問題もあって、取ったほうが良い、取らないほうが良いなど、賛否両論あるのが現状です。ですので、必ず葉を取れとは言えません。

茎を焼く方法もあります

ガスコンロやライターで、茎の先を焼くという方法も、長持ちさせる秘訣のひとつです。漂白剤以上に信じられないかもしれませんが、事実、長持ちします。ただし、あまりこの方法はオススメできません。「一般家庭で火を調理以外に使う行為」は危険が伴うため、確かに効果はありますが、やってみてくださいと強く推奨できません。漂白剤、砂糖、湯上げ、水切りなどが安全で確実な花を長持ちさせる方法といえるでしょう。

テクニックにはいろんな考え方がある

ここまでいくつかの長持ちさせる方法をお伝えしてきましたが、花屋や専門家の間でも、さまざまな意見があります。洗剤なんていれない! 砂糖なんていれない! というプロがいるのも事実です。

水を頻繁に取り換える習慣が重要

最後に重要なことをお伝えいたします。ここまで紹介したテクニックは、普段、花瓶の水をこまめに取り替えるなど、基本的な花へのお手入れが大前提。花を買ったからには、大切にして可愛がってあげましょう。彩りゆたかな花を添えて、おうち時間をもっと楽しく過ごしてくださいね。


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ