E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > まるでサロンの仕上がり!プラズマクラスターで静電気を抑え髪にツヤとまとまりを

まるでサロンの仕上がり!プラズマクラスターで静電気を抑え髪にツヤとまとまりを

2017-07-16 10:00:00

「プラズマクラスター」と言えば、空気清浄器を思い出しますが、今やドライヤーにも搭載されています。今回はその「IB-CB56」をご紹介!

シャープ独自の技術で発生させるイオン「プラズマクラスター」を使って、ドライヤー時に発生しがちな、髪とブラシの間の静電気を抑制してくれます。スタイリングしながら、髪の広がりや摩擦による髪のからまりを抑えてくれるので、指がさっと通るくらいのまとまりあるツヤ髪ができちゃいますよ!(Amazon価格10,750円 ※2017/7/4時点)

静電気をしっかり抑制

ブラッシングで気になるのが、静電気。じめじめしたこの時期でも、乾いた髪をブラッシングしているときは、静電気が発生しがちになります。

しかし、この「IB-CB56」なら、プラズマクラスターが静電気を抑制。

髪の広がり、摩擦などによる髪のからまりを防ぐことで、指通りがなめらかな、まとまりのあるツヤ髪へと導きます。プラスに帯電した髪と、マイナスに帯電したブラシの両方の静電気それぞれ対応して、プラズマクラスターのプラスイオンとマイナスイオンが抑えてくれます。

ヘアサロンのプロも認めるブラシ

「IB-CB56」のブラシは、ヘアサロンのプロも認める優れもの!

「テンション毛」と呼ばれているブラシの櫛の部分で、髪の根元をしっかりと引っ張ってくれるので、クセやうねりを取ることができます。

また「サイドホール」と呼ばれているブラシの側面から、熱とプラズマクラスターを髪に与えることができるので、より効率的かつ髪を傷めることなく、髪を矯正してくれますよ。

お気に入りのスタイリングにするには、髪の根本を矯正することが一番大事ですもんね!

それでは、「IB-CB56」を使ったスタイリングのポイントをご紹介します。

髪のクセやうねりが気になる人のスタイリングのポイント

「ブローブラシ」で髪を引っ張りながら、髪の根元から中間にかけてブラッシングします。これで、クセやうねりを取ることができます。

毛先がパサついてまとまらない人のスタイリングのポイント

前髪の毛先がまとまらないときは、「ブローブラシ」で、流したい方向とは逆に、ブラッシングします。その後に、手ぐしで元に戻すと、ナチュラルな流れになりますよ。

横髪の場合は、「ロールブラシ」で横髪を根元から斜め前方向にブラッシング。毛先はやさしくカーリングします。

これで、サラリとまとまります!

トップのボリュームが出なくて分け目が気になる人のスタイリングのポイント

加齢に伴い、髪のボリュームはどうしても気になるところ。トップのボリュームが気になる人は、ロールブラシを使います。

後頭部に、髪の内側から根元を起こすようにブラシを入れ、後ろから前に押し出す感覚で! 襟足の髪が気になる場合は、首元に沿うように後ろから斜め前へ、抑えるようにブローします。

静電気をしっかり抑制しつつ、思い通りのスタイリングができる「IB-CB56」。

会社に行くだけだし、そんなにしっかりセットしなくても…。と思っていた人も、見た目にちょっと気を使うだけで、気持ちも上がってくるものですよ!

関連記事

情報提供元: クチコミ.jp

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ