E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > プロのラーメン店がうなる!業務用調味料の老舗が作るこだわりのスープに注目

プロのラーメン店がうなる!業務用調味料の老舗が作るこだわりのスープに注目

2017-09-12 15:00:00

ラーメンの味の決め手となる、スープ。美味しいスープを作るために、各ラーメン店では時間と手間をかけ、いろいろと努力をしています。理想の美味しいラーメンスープを作り、さらに発展できればと考えているラーメン店の経営者は多いと思います。

そこで今回注目したのが、業務用調味料、乾物など飲食店向け商品を主に扱う卸問屋「足立商店」のオリジナルブランド

・「九州味」 ・「AT-1S」 ・「味噌ラーメンの素」 です。

美味しいラーメンスープが作れるのはもちろん、他のメニューへの展開もできるんです。

飲食店を経営されている方、調理担当の方は必見です。

卸問屋とメーカーの顔を併せ持つユニークな会社

「足立商店」は、1968年に創業。業務用調味料や乾物など、飲食店向けの商品をメインに扱っている卸問屋です。2002年から、ネットショップも立ち上げています。

そして、今回ご紹介する足立商店のオリジナルブランドである、調味料「AT-1S」と、豚骨濃縮スープ「九州味」のメーカーとしての顔も併せ持つユニークな会社です。

豚骨にこだわった超ロングセラー商品「九州味」

注目の1点目は、豚骨濃縮スープ「九州味」。豚骨濃縮スープ「九州味」は、豚骨の本来の味にこだわった足立商店のオリジナル白湯スープです。

その美味しさは、昭和59年の販売開始以来、プロであるラーメン店からの熱い支持を得ており、現在でも売れ続けている超ロングセラーの商品であることは、豚骨濃縮スープ「九州味」のクオリティーの高さを物語っています。

豚骨濃縮スープ「九州味」の魅力は美味しさはもちろんのこと、なによりのポイントは、

・お湯にのばすだけなので手間がかからない ・さまざまなメニューに展開できる ことです。

豚骨スープは、豚骨を下茹で、洗浄、骨を割るなど面倒な材料の下処理に加え、長時間の煮込み作業が必要になります。さらに、この煮込みでは豚骨独特の臭いを発生させるため、近隣に迷惑をかけしてしまう可能性も。

しかし、豚骨濃縮スープ「九州味」なら、上記のような手間や、問題は起こりません。お湯にのばすだけで、いつでもベストな状態の「とんこつ白湯スープ」を作ることができるんです。

豚骨濃縮スープ「九州味」の原料は、ほぼ「豚骨」のみで作られています。「業務用ラーメンスープの素」などにありがちな味付けをしていないため、シンプルに豚骨の美味しさを味わうことができるんです。また、そのことにより各ラーメン店のスープベースとして独自の味付けをすることも容易にできます。

「九州味」のもう一つの特徴として、豚骨独特の臭みが一切ないため、他のメニューのベースとしてメニューの改良や、追加などにも活躍してくれます。

豚骨濃縮スープ「九州味」の無料サンプルは、業務店向けに限りますが、希望者に送料無料で届けてもらえるという嬉しいポイントも。自分の舌でしっかり味を吟味して、納得の上で購入できるのは安心ですね。

自然なうま味が特徴の「AT-1S」と、深い味わいが特徴の「味噌ラーメンの素」

足立商店のオリジナルうま味調味料「AT-1S」は、自然なうま味が特徴。「AT-1S」も、「九州味」と同様に、ラーメンだけでなく炒飯などの炒め物や、中華などにも便利に使えます。そして意外にも、和食・洋食など料理全般に使うことができます。その一例として、ホームページでも和洋中といろいろなメニューレシピが紹介されています。

業務用みそラーメンスープ「味噌ラーメンの素 3kg」は、熟成黒味噌による深い味わいが特徴です。「九州味」、「AT-1S」と組み合わせて使うと自然なうま味と、深い味噌の味わいを作り出すことができます。「AT-1S」と「味噌ラーメンの素 3kg」も業務店向けにサンプルが用意されています。

今回紹介した商品以外にも、足立商店のネットショップにおいては、600点を超す商品群がラインナップされています。単に調味料の紹介だけでなく、さまざまなレシピやメーカー提供のサンプルも紹介されていますので、商品を導入したあとのメニュー開発の参考になりますね。

飲食店を経営されている方、調理担当の方におススメの仕入れ先となりますよ。

有限会社足立商店 住所:〒862‐0971 熊本市中央区大江3-7-7 電話:096‐364‐1181 FAX:096‐363‐8945 メール:info@adachishouten.com

情報提供元: クチコミ.jp

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ