E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > インテリア映え、ヒヤシンスの水栽培

インテリア映え、ヒヤシンスの水栽培

2017-12-18 07:00:00

この記事を試すのにかかる金額

  • ヒヤシンス球根 1球200円~300円程度

球根と瓶があればOK

まずは、球根を手に入れましょう。ヒヤシンスは、秋に植えて春に開花する「秋植え球根」になります。大型園芸店、ホームセンターのガーデンコーナーで、秋の初めから年末にかけて販売されています。

ネットに入ったパッケージタイプが一般的ですが、1球ずつバラ売りの場合もあります。色は、白、紫、ピンクが多く、最近は、黄色やオレンジ、クリーム色など、珍しい色も出てきました。球根を良くチェックして、傷やカビが無く、ぷっくりと太った固いものを選びましょう。

続いて瓶を用意します。インテリア映えを狙うなら、迷わずガラス容器を。水栽培専用の容器を探してみるか、空き瓶を利用する事も可能です。瓶の口に、球根が落ちずに乗るならOK。写真手前のジャム瓶のように口が広い場合は、室内栽培用のコロコロした用土を使って、その上に球根を乗せる方法もオススメです。

器に球根を乗せ、水を入れます。この時、水は球根にぎりぎり触れる程度に。球根の下半分が浸かるほどたっぷり入れてしまうと、根元にカビが生えたり、腐ったりする恐れがあります。

数日で白い根が生えてきます。根はみるみる伸びて、毎日観察するのが楽しみなほど。根が伸びたら球根より下まで水を減らし、管理を続けます。時々水替えをしますが、根はとても折れやすく、瓶から出して洗うような事は出来ません。そっと水を捨てて、またそっと注ぎ入れるようにしましょう。

咲き始めを逃さないで

秋から始めて待つこと3か月。花が咲いたもの、まだまだなもの、生長にはそれぞれ差があります。そう、ヒヤシンスの水栽培は、実は時間のかかる花そだてなのです。だからこそ蕾が上がってきた時の感動は格別!真冬の開花は、お部屋に一足早い春を運んできてくれます。

そして、強い香りもヒヤシンスの特徴です。ある朝、え?いい香りがする?と見回すと、ヒヤシンスが咲き始めていた、という事も。

やっと咲いてくれたヒヤシンス。綺麗に写真に残しておきたいですよね。それには咲き始めを逃さない事!少しでも後回しにすると、あっという間に咲き進み、ビョーン!と伸びてしまいます。

私の個人的好みもありますが、ヒヤシンスは咲き始めの小さな姿が一番素敵。逃してはならないシャッターチャンスです。このタイミングで、必ず写真を撮るようにしています。

花の重さに耐えきれず、曲がってしまったヒヤシンス。球根からひっくり返ってしまう事もあります。もちろん、お行儀よくまっすぐ咲く場合もあります。ヒヤシンスの咲き方はいろいろです。

花後のこと

枯れる前に摘み取って、おしゃれ写真を撮ってみては。他の花を添えてみたり、カップに活けたりブーケにしたり。お皿に乗せて上から撮影するのも素敵です。素晴らしいモデルになってくれるはず!

花を摘み取った後の球根から、サプライズのように2番目の蕾が上がってくる事もあります。しばらくは葉を楽しむつもりで管理を続けるのも良いでしょう。

咲き終わった水栽培の球根は、翌年の開花は難しいと言われています。私も2年目の球根で水栽培のチャレンジをした事がありますが、葉は出るものの花は咲きませんでした。確実に咲かせたいのならば、毎年新しい球根を購入するほうが安心です。

ヒヤシンスの水栽培法を調べると、球根を冷蔵庫で冷やす、初めは暗い所へ置くなど、細かな手順も。でもその通り出来なくても大丈夫。瓶に水さえあれば、たくましく育ってくれますから気軽にチャレンジを。カビに気を付けて明るい所で育ててあげましょう。花を見るまで少し根気は要りますよ。

※ごくまれに、球根でアレルギー症状(かぶれや痒み)が出る場合があります。敏感な方は、素手で触れないよう配慮をされると安心です。


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ