E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > フライパンでできちゃう!こんがり美味しいホットサンド

フライパンでできちゃう!こんがり美味しいホットサンド

2018-03-14 12:00:00

フライパンでホットサンドができちゃう!

ホットサンドメーカーは、電気式のもの、直火にかけるものなどありますが、パンと具材をぎゅっとプレスしてくれるので、中の具材もこぼれにくく、短時間で手軽にホットサンドを作ることが出来ます。

でも、ホットサンドメーカーがなくても、大丈夫!フライパンでも、おいしいホットサンドができますよ。ひと工夫して、こんがりおいしいホットサンドをフライパンで作ってみましょう。

半熟卵とベーコントマトのホットサンド

フライパンで焼くときは、中まで具材が熱くなりにくいので、冷たい具材ではなく、温めて挟むと美味しくできます。ベーコンエッグは半熟に作り、トマトは軽く焼いて挟みました。

また、パンを焼くときは、フライ返しなどで押さえながら焼くと、パンと具材がまとまり、きれいな焼き色がつきます。

材料(1人分)

食パン(8枚切り) 2枚
卵 1個
トマト 輪切り1~2枚
スライスチーズ 1枚
ベーコン 1枚
バジル 1~2枚
マヨネーズ 小さじ2
粒マスタード 小さじ1~2
バター 5g
オリーブオイル 適量
塩 適量

作り方

① トマトは、種を取り、オリーブオイルで軽く焼き、塩を振る。ベーコンは半分に切って軽く焼き、その上に卵を割りいれ、半熟になるように両面を焼く。

② マヨネーズと粒マスタードを混ぜてパンに塗り、チーズ、ちぎったバジル、ハム、トマト、ベーコンエッグを乗せて、パンで挟む。

③ フライパンを火にかけ、バターの半量を入れて溶けてきたら、パンを入れる。フライ返しでおさえながら焼き、きれいな焼き色がついたらひっくり返して、バターの残りを入れ、フライ返しで押さえながらこんがりと焼く。

フライパンでつくるホットサンドは、中まで高温になりくいので、先に具材を加熱しました。トマトは焼くことで、余分な水分もとれ、他の具材との馴染みもよくなります。チーズを使うと具材がまとまりやすいので、ぜひ入れてください。

コンビーフとポテトのホットサンド

材料

カンパーニュ 薄切り2枚(または食パン2枚)
コンビーフ 30g
じゃがいも 小1個
スライスチーズ 1枚
マヨネーズ 大さじ1
バター 5g
黒胡椒 適量
塩 適量

作り方

① じゃがいもはラップをしてレンジ加熱し、皮をむいてフォークで粗くつぶし、コンビーフを混ぜてマヨネーズで和え、黒胡椒と塩で味を調える。

② パンにマヨネーズ(分量外)を薄く塗り、スライスチーズとコンビーフポテトを乗せてパンで挟む。

③ フライパンを火にかけ、バターの半量を入れて溶けてきたら、パンを入れる。時々フライ返しでおさえながら焼き、きれいな焼き色がついたらひっくり返して、バターの残りを入れ、フライ返しで押さえながらこんがりと焼く。

ポテトサラダや、卵サラダなどは、パンとなじみやすくバラバラになりにくいので、フライパンでつくるホットサンド向きの具材です。

ホットサンドメーカーでも、フライパンでも楽しめるホットサンド

フライパンでつくるホットサンドは、フライ返しで押さえて焼くのがポイント。まとまりやすい具材や、チーズを使うとこぼれずにきれいに焼けます。

休日の朝のスタートにあつあつのホットサンドを、お好みの具材で楽しんでくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■ホットサンドメーカーなしでOK!お店みたいな絶品ホットサンド
■簡単なのにインパクト◎!ちぎりバゲットサンド
■初めてでも美味しく焼ける!「田舎ぱん」の作り方
■フライパンひとつで完成♪おしゃれなカフェ風ワンプレート
■保存がきいてアレンジいろいろ!ドライカレーは使えます!


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ