E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 手洗いなんて無理な人に朗報!ブラ&ショーツを洗濯機で洗うコツ

手洗いなんて無理な人に朗報!ブラ&ショーツを洗濯機で洗うコツ

2018-04-17 17:00:00

下着は手洗いしなきゃダメ?

ワイヤーが入っていたり、レースなどの繊細な生地で作られている女性用の下着。
ブラやレースショーツは手洗いが基本!洗濯機NG!なんてことをよく言われます。

でも、「毎日手洗いするなんて無理…」「どうやって手洗いしていいのか分からない…」なんて本音も聞こえてきそう。
洗濯機でサッと洗うことができたほうが楽ちんですよね。

ブラやレースショーツなどの繊細な生地のものは傷みやすく型崩れを起こしやすいため、できるだけ優しく洗濯をすることが大切。
そのため、手洗いで優しく丁寧に洗うのが一番良い方法ですが、ブラやショーツなどを傷めずに洗濯機で洗濯する方法が実はあるんです!

洗濯機で洗うときのポイント

いくら洗濯機で洗っていいとは言え、そのまま安易に洗濯機にぽいっと放りこむのはNG!
ブラやレースショーツの寿命を縮めてしまいます!

洗濯機で洗う場合のポイントをきちんとおさえて、お気に入りのブラを長持ちさせましょう♪

①洗濯ネットに入れる

洗濯槽にあたったりこすれてしまったりするときの衝撃を最小限に防ぐため、洗濯ネットに必ず入れるようにしましょう。
洗濯ネットに入れるときにもいくつかポイントがあります。

・洗濯ネットは、「ブラジャー専用洗濯ネット」を使用する
平面上の洗濯ネットだとカップがつぶれて型崩れを起こしてしまうため、立体状のものを選ぶようにしてください。

・洗濯ネットに入れるアイテムは一つずつにする
せっかく洗濯ネットに入れているのに他のアイテムと一緒に入れてしまっては、こすれてしまい傷んでしまう可能性も。
手間ではありますが、なるべく分けて入れることで余計な摩擦や刺激を防ぐことができます。

・ブラのホックはとめる
とめないまま入れるとブラの形が変形することも。意外と盲点ですが、ブラのホックはとめてネットに入れるようにしましょう!
カップが取り外しできるものは、取り外して一緒にネットに入れてくださいね。

②「手洗いコース」もしくは、「ドライコース」で洗濯する

ブラやレースショーツなどの下着類は、できるだけ優しく洗濯することが大切。
普通の洗濯モードで洗濯すると、水流や回転が強く、洗濯物が傷みやすくなります。
繊細なブラやレースショーツなどの下着類は、手洗いコースなどで優しく洗いましょう。

また、短時間で脱水するのもポイント。
変形を防ぐために、脱水は短時間(1分くらい)で行いましょう。

③おしゃれ着用洗剤を使う

エマールやアクロンなどのおしゃれ着用洗剤は、一般的な洗剤に比べ、洗浄力は落ちるものの、素材への影響が少なく、型崩れや色あせを防ぎながら汚れを落とすことができます。

おしゃれ着用洗剤の中には繊維同士のすべりを良くする成分などを配合して、仕上がりをよくするものもあるので、お好みのものを使ってください♪

④他の衣類と分けて洗う

ついついまとめて洗ってしまいがちですが、詰め込み過ぎてしまうと、下着同士が圧迫しあったり、こすれてしまうことも。面倒でも、一般的な衣類と下着くらいは分けて洗うように心がけてください!

ちょっとした手間で、お気に入りのブラやショーツが長持ちする♡

今まで面倒でネットにいれなかったり、まとめ洗いしてしまったりして、ブラやレースショーツがすぐにダメになってしまう。
でも、ちょっとしたポイントをおさえて洗濯するだけで、お気に入りの下着が長持ちするようになります。
下着洗いで困っていた方はぜひ試してみてください♪


【あなたにおすすめの記事】
■大きさより形!お悩み別「綺麗なおっぱい」を作るブラの選び方♥
■カワイイ!盛れる!機能的!ユニクロワイヤレスブラの魅力
■見えないところも可愛くいたい♡この春新調したいランジェリー
■女子同士でも話しづらいお股の悩みは、ふんどしパンツで解消!
■毎日の小さな積み重ねが大切!簡単キレイな洗濯物のたたみ方


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ