E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 愛犬の一汁一菜ごはん♪【ロールキャベツ】

愛犬の一汁一菜ごはん♪【ロールキャベツ】

2018-04-17 16:00:00

このレシピを試すのにかかる時間

  • 20分

最初にキャベツについて

ビタミンが豊富なキャベツには、ビタミンCはもちろんのこと、キャベジンと呼ばれるビタミンUが含まれています。自然から摂れる胃腸薬として、油を使ったとんかつに添えられたり、居酒屋さんに行くとまず最初にお通しで出てきたりしますね。

葉の部分だけではなく、芯にも栄養がたっぷり含まれています。また、煮汁にも成分が溶け出しますから、水分補給も兼ねて、わんちゃんにはぜひスープも一緒にあげてくださいね。

わんちゃんに食物繊維?あげて大丈夫なの?

「犬は食物繊維を消化しないから、食べると体の負担になる」という情報を時々見ます。

では、こんなに野菜を食べる人間は、食物繊維を消化するのでしょうか?答えは「NO」。哺乳類である限り、食物繊維は消化できません。その消化しない食物繊維が豊富な野菜を、人間はいっぱい食べましょう!と言われます。なんだか、変な話ですよね。

食物繊維は消化されなくても、ちゃんと役割を果たしますよ。代表的な働きとしては、便通をよくして腸内環境を整えます。わんちゃんも同じ。

変な話ですが、ローズ一家は毎食野菜をたっぷり食べていますので、毎日快便です!

ロールキャベツの作り方

材料

キャベツ 4枚
鶏ひき肉 200g
冷やご飯 200g
ミニトマト 8個
しめじ 適量

作り方

① キャベツは1枚ずつ剥がしてラップに包んだら、500Wで3分30秒加熱して冷ましておく。

② 鶏ひき肉と冷やご飯を混ぜる。全体が均一に混ざればOK。

③ ②を4等分してキャベツに包む。巻き終わりは、パスタを刺して止めるとそのまま食べられるので便利。

④ ③を鍋にぎゅうぎゅうに詰め、ミニトマトとしめじを散らし、水をひたひたに加えて火にかける。大きい鍋ではなく、巻いたロールキャベツが隙間なく入る鍋を選ぶと巻いたロールキャベツがほどけない。

⑤ 蓋をして、強めの弱火で10分火を通す。全体に火が通ったら、鍋から取り出さずに冷めるまでそのまま置いておく。

⑥ 人肌程度に冷めたら、お皿に盛ってあげる。

⑦ 冷凍保存する際には、保存容器にスープごと入れて冷凍する。解凍したらスープごとそのままあげられる。

食べるときには...

米飯も入れているので、これだけで1食になる作り置きご飯です。食べる量に関しては、前回の【基本の手作り犬ごはん】を参考にしてみてください。

ちなみに、大きめのキャベツの葉っぱで作った今回のロールキャベツですが、ローズ一家は1/2個ずつ食べました。丸呑み派のわんちゃんが食べる時は、ハサミなどで最後に食べやすい大きさに切るといいですね。

もちろん、味付けをすれば飼い主さんも食べられます。その際には、ひき肉と米飯の餡に塩こしょうをして、コンソメスープの素と一緒に煮込んでください。

愛犬と同じものを食べるのって、嬉しいものですよ。


【あなたにおすすめの記事】
■愛犬の一汁一菜ごはん♪【基本の手作り犬ごはん】
■共働きでも犬は飼える?飼い方としつけのポイント
■共働き夫婦犬を飼う!大切な愛犬を守るために…。
■人間関係のような、猫達10匹の「にゃんげん関係」


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ