E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > オリーブオイルと白だしのコラボにハマる!夏のアレンジそうめん

オリーブオイルと白だしのコラボにハマる!夏のアレンジそうめん

2018-06-12 12:00:00

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約15分(置き時間含まず)

そうめん・冷や麦・うどんの違い

そうめん、冷や麦、うどん…、どれも小麦粉と塩から作られる麺の種類ですが、何となく違いが分かるような、分からないような。

実は、きちんと決まりがあり、それに沿って呼び方が変わります。

太さが1.3mm未満のものを「そうめん」とされ、1.3mm以上1.7mm未満のものを「冷や麦」または「細うどん」、1.7mm以上のものを「うどん」と呼びます。

明確な基準と言っても、違いは「太さで決まる」という事になります。

手で伸ばす製法や、細く切る、機械で押し出すなどいくつかあったり、地域によって呼び方が変わったりもしますが、基準どおりの細さなら、そうめんに、太ければ、全てうどんになります。

名古屋のきしめんや群馬のひもかわは、一般的な面の形とは異なりますが、平たいうどんの一種になります。

白だしとオイルで食べる、鯛の昆布茶締めそうめんの作り方

材料(2人分)

鯛の刺身 16切れまたは160~170g
そうめん 3束または150~180g

Aサニーレタス 1~2枚
A水菜 1/4株
A春菊 2本
Aズッキーニ 1/2本(縦に1/2本)
Aみょうが 1個
Aブロッコリースプラウト 少し
※Aはお好みの葉野菜類でも可

白だし3倍濃縮 70~80ml
冷水 600ml
昆布茶 小さじ1~1.5
オリーブオイル 大さじ1
ライム 1/2個
飾り用ライムのスライス 2枚
刻み葱 適量

作り方(鯛の昆布茶締めを作る)

① クッキングシートまたはラップを広げたら、中央に鯛の刺身を重ならないように、並べる。柵の場合は、薄切りにしてから並べる。

② 上から、昆布茶を均等に振りかけていく。

③ クッキングシートまたはラップを鯛に密着させながら包む。

④ 冷蔵庫に入れ、20分ほどそのまま置いて馴染ませる。刺身が厚い場合は、少し長めの時間を置く。

作り方(野菜サラダを作る)

⑤ みょうがは縦に半分に切ってから、縦の細切りにし、ボウルに入れる。

⑥ サニーレタスは食べやすい大きさに手でちぎり、春菊は葉を茎から外し、ブロッコリースプラウトは根を切り落として加える。

⑦ 水菜は3~4cmの長さに、ズッキーニはピーラーで縦の薄切りにし、加える。

⑧ ④の鯛の昆布茶締めを加え、オリーブオイルを回しかけて和える。

作り方(そうめんを準備する)

⑨ そうめんは、袋の表示通りに茹で、流水で洗った後、水を切って器に盛る。

⑩ 白だしと冷水を合せて汁を作ったら、⑨にかける。(白だしと冷水の割合は、お好みで調節して下さい。)

⑪ ⑩のそうめんに⑧の具材を乗せる。

⑫ ライムの果汁を絞り、スライスを飾る。刻み葱を散らしたら出来上がり。

手軽な昆布茶を使えば、簡単に旨みの効いた混布締め風の鯛のお刺身が楽しめます。柵のまま昆布茶締めにする時は、両面に昆布茶を振ってください。

たっぷりの野菜と一緒なので最後まで飽きずに食べられますよ!白だしとオリーブオイルの相性もとても良いので、暑い日に作ってみて下さいね!

「#夏レシピ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■○○がソースの決め手!冷製トマトとクリームチーズのパスタ
■丸ごと冷凍トマトで簡単!トマト煮&丸ごと出汁トマト
■簡単!時短!下味付き冷凍ストックで帰ってからのラクラクごはん
■鶏胸1枚で4人分!コスパ抜群!鶏のさっぱり梅照り焼き定食
■だしを取ったら終わり…じゃもったいない!もう1品節約レシピ


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ