E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 洗い流さないヘアトリートメントの使い方~種類の違いと選ぶポイントとは?~

洗い流さないヘアトリートメントの使い方~種類の違いと選ぶポイントとは?~

2018-06-15 10:00:00

    ヘアトリートメントというと、シャンプー後に使用して洗い流すイメージの方が多くいらっしゃるでしょう。しかし、トリートメントには種類があり、洗い流さないタイプもあります。  

どんなタイミングで使用するの?

    洗い流すタイプはシャンプー後に使用しますが、洗い流さないタイプは髪を濡らしていない状態でも使用できます。洗髪する必要がないため、どのタイミングで使用すればいいの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。  

    髪を保護する役割があるものなので、お風呂上がりにドライヤーでブローする際などに使用しましょう。夜のお風呂上がりに使用すれば、トリートメントの成分を寝ている間にじっくりなじませることができます。  

    この他に、朝のスタイリング時もおすすめのタイミングです。スタイリングがしやすくなるだけでなく、エアコンによる乾燥や紫外線のダメージから髪を保護してくれます。  

タイプの違いは?

    洗い流さないトリートメントには、     ・クリームタイプ     ・オイルタイプ     ・ミストタイプ     があります。  

    髪のダメージがそれほど気にならない方はクリームタイプでも十分ですが、毛先のパサツキなどダメージが気になる方はオイルタイプがおすすめです。ミストタイプはつけ心地が軽く、さらさらした仕上がりになります。髪の状態や仕上がりの好みにあわせて選びましょう。  

つける際に気をつけることはあるの?

    タイプに違いはありますが、どのタイプも髪につける際は、手のひらで一度伸ばしておきましょう。手のひらに伸ばしてから軽く揉み込むことで、ムラなく均等につけることができます。  

    髪を保護するため全体につけたくなる方もいらっしゃると思いますが、つける場所は、毛先を中心に髪の真ん中あたりまでです。  

    これは、地肌につけてしまうと、毛穴を塞ぎ皮膚トラブルの原因になってしまう可能性があるのと、髪の中で傷みやすい場所が毛先だからという理由があります。  

    美しい髪をキープしたいとお考えなら、ぜひこれらのポイントを押さえて洗い流さないトリートメントを活用してみてはいかがでしょうか。  

関連記事

情報提供元: クチコミ.jp

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ