E START

E START トップページ > マガジン  > ボリューム満点!野菜もたっぷり♡豚こま肉で連休明けのお財布にやさしい節約レシピ

ボリューム満点!野菜もたっぷり♡豚こま肉で連休明けのお財布にやさしい節約レシピ

2019-05-16 12:00:00

ところで豚こま肉ってどこのお肉?

「豚こま」は、肉を商品にする過程で出たこま切れの肉。いろいろな部位が混じっていています。

こま切れになっている肉には「切り落とし肉」もありますが、こちらは、ひとつの部位の肉です。ロース切り落とし、もも切り落としなどの表示があります。

一般的に豚こまの方が安く売られていることが多いようです。
選ぶときは、こま肉に限らず、ドリップが出ていないものを選ぶようにしましょう。

まんまる豚こまとパプリカの甘酢炒め

薄切り肉の豚こまを一口大にまとめて、固まり肉のように使ったレシピです。

固まり肉ではなく、豚こまを使うことで、経済的というだけでなく、包丁で切るひと手間もいらず、また、柔らかく短時間で仕上がります。味付けは酢豚のように酸味のある甘酢っぱい味でさっぱりと。野菜もたっぷり入れれば満足感のある一品になります。

材料(2人分)

・豚こま肉 250g
・パプリカ 1/2個
・ピーマン 2個
・玉ねぎ 1/4個
・日本酒 小さじ2
A)酢 大さじ2
A)砂糖 大さじ1
A)ケチャップ 大さじ1
A)醤油 大さじ1
A)みりん 大さじ1
・サラダ油 大さじ2
・ごま油 小さじ2
・片栗粉 適量
・塩 適量

作り方

① 豚こま肉は、日本酒と塩少々を揉み込んで、一口大に丸めて、片栗粉をまぶす。(1つ20g程度)

② パプリカ、ピーマン、玉ねぎは一口大に切る。

③ フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、豚こま肉を炒め、こんがりと焼けたら、一度取り出す。

④ フライパンをペーパーなどで拭いて、ごま油を足して玉ねぎ、パプリカを炒める。

⑤ 豚こまを戻し入れて、ピーマン、Aの調味料を入れて、とろみがつくまで加熱する。

豚こまのガパオ風ライス

豚こま肉を使って、タイ料理のガパオライス風の、のっけご飯にしました。ガパオ炒めはバジルを使いますが、身近なシソを使えば手軽に作れますし、シソの香りでさっぱりといただけます。

半熟の卵焼きをのせてどうぞ。

材料(2人分)

・豚こま肉 200g
・玉ねぎ 1/2個
・パプリカ 1/2個
・にんにく 1片
・しそ 10枚
・鷹の爪 1本
A)オイスターソース 大さじ1
A)ナンプラー 小さじ2
A)砂糖 小さじ1/2
A)水 大さじ1
サラダ油 大さじ1/2
・ご飯 2膳
・卵 2個

作り方

① 鷹の爪は種をとり、小口切りにする。にんにくは半分に切って芯を取り、みじん切りにする。

② 豚こま肉は1~2cm幅に切る。パプリカ、玉ねぎは1cmくらいの細切りにする。

③ フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが出てきたら、豚こま肉、鷹の爪、玉ねぎ、パプリカを入れて炒める。

④ Aの調味料を入れて炒め、シソの葉をちぎって入れてひと混ぜしたら火を止める。

⑤ 多めのサラダ油(分量外)で目玉焼きを作る。

⑥ 皿にご飯を盛り、豚こま炒めと目玉焼きをのせる。

目玉焼きは、多めの油で、周りがカリカリになるまで焼くと香ばしくておいしいですよ。蓋をしないと黄身が黄色のまま焼きあがります。
鷹の爪はお好みで加減してください。ない場合は一味唐辛子でも。

給料日前は、経済的な豚こま肉をうまく使って、おいしく上手に節約。早速、今日の晩御飯にいかがですか?

「#豚肉レシピ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ