E START

E START トップページ > マガジン  > シンプル調理と味付けで!夏野菜が美味しい11品のワンプレート

シンプル調理と味付けで!夏野菜が美味しい11品のワンプレート

2019-08-14 12:00:00

夏野菜

ナス・ズッキーニ・オクラ・ミョウガ・トマト・モロヘイヤ・エダマメ・ピーマン・インゲン・ゴーヤー・キュウリなどなど。

スーパーや産直にたくさんの夏野菜が並んでいます。瑞々しいお野菜、とかく緑や黄色が美味しいそうって思ってしまいます。特に産直へ行くとついお野菜を買いすぎてしまうぐらい夏野菜が好きです。

この頃は無農薬のお野菜を買えるところが増えてきて、消費者としては安全で美味しい野菜が食べられるのはありがたいことだと思っています。産直では対面販売で食べ方を教えてもらったり、この頃はメモに調理法が書いてあったりもして、珍しいお野菜も挑戦しやすいなって思っています。

写真に写っているナスはイタリアの紫丸ナスで「ビステッカ」という名前。厚切りにしてステーキで食べると美味しいと書いてあったので、ワンプレートに厚切りステーキにしてみました。

買った野菜は新鮮なうちに調理して、無駄なくいただくことをモットーに。旬のものは身体に嬉しいこともいっぱいです。暑い夏を乗り切るためにも夏野菜をたくさん食べたいと思っています。

今年は私の中でインゲンブーム。毎日の食卓に欠かさず食べています。インゲンは美味しいだけじゃなくって、アミノ酸を多く含んでいるスーパーフードなんですよ。

シンプルに調理

新鮮な野菜はあまり手を加えずにシンプルに蒸す、焼く、味付けも同じくシンプルに。

蒸籠で蒸したかぼちゃはマッシュして茹でた枝豆と合わせてかぼちゃサラダに。

ナスは厚切りにして油少々を引いたフライパンで蒸し焼きに。

インゲンはくるみをすり鉢で潰して麺つめでのばしたものに和えました。

ラタトゥイユはトマトの水分だけで仕上げたお野菜の旨みがギュッと詰まったものをプレーンオムレツにのっけて。

父の畑の採れたてゴーヤーで作るゴーヤーチャンプルは子ども達も大好きな夏のおかず。ベーコンと卵と炒めて醤油麹で味付け。

ワンプレートに仕立てる場合、デリ1品1品の味が同じにならないように考えて組み立てていきます。このお野菜はこんな風に食べたら美味しいだろうなって想像しながらお料理するのも楽しい時間です。

ワンプレートに盛り付け

プレートに色のバランスを考えながら盛り付けていくのも楽しい作業です。隣同士の色が同じにならないように。

上から
・ナスの厚切りステーキ(甘味噌添え)
・オクラのカレー焼き
・紫たまねぎのマリネ
・かぼちゃと枝豆のサラダ
・いんげんのくるみ和え
・ミニトマト
・ラタトゥイユのっけオムレツ
・ピーマンの塩きんぴら
・ひじきとレンコン煮
・ゴーヤーチャンプル
・絹揚げの香味野菜のっけ
・モロヘイヤスープ
・八穀ごはんのおにぎり
・キュウリのぬか漬け

夏の食卓のヒントになれば嬉しいです。

「#夏野菜」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ