E START

E START トップページ > マガジン  > 薬剤師が解説!その生理前のイライラ、お薬でラクになるかも!

薬剤師が解説!その生理前のイライラ、お薬でラクになるかも!

2019-09-23 17:00:00

生理前にイライラする、眠くなるのは月経前症候群(PMS)

なんだか不安になったり、イライラしたり、眠くなったり逆に眠れなくなったり…。生理前に体の変化が起こることはありませんか?それは、月経前症候群(premenstrual syndrome:PMS)かもしれません。

生理前の女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)のバランスが変化して精神的にも影響を及ぼすと考えられています。

症状としては、情緒不安定になったり、イライラ、ねむけなどが多くみられますが、その他には、眠れない、食べられない、過食、だるい、むくみがひどい、胸が張る、お腹が痛いなどがあります。

PMSの特徴としては、これらの症状が生理が始まるまたは終わるころには治っているということです。

これらの症状が生理が終わっても続いているようでしたら他の病気のことがありますので、内科などを受診してくださいね。

月経前症候群(PMS)の治療

私の周りにも生理前に眠気が酷くだるくて何もできないという人がいました。また、生理前にイライラが酷く、社会生活に支障が出てしまう。過食が酷いなどという人も。

軽いPMSの症状でしたらそこまで気にしない人もいるかもしれませんが、生活に支障が出てしまうような辛い症状でしたら、婦人科を受診してください。女性ホルモンの薬や漢方でPMSを緩和していきます。

市販薬では、以下のようなものもあります。

・プレミフェン(ゼリア新薬、要指導医薬品)

西洋ハーブにより月経前の不快な症状を緩和してくれます。要指導医薬品ですので、薬剤師がいる薬局での購入となります。ネットでは買えませんので、薬局に行く前に電話をして買えるかどうか確認してからの方がいいかもしれませんね。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん、ツムラ、カネボウ)

ホルモンバランスを整え、生理に関するトラブル(月経不順を含む)を改善していきます。漢方ですので、効くのに少し時間がかかります。最低2週間以上は飲んでください。漢方専門薬局でより合うものを作ってもらったり、婦人科で処方してもらうこともできます。

食事やサプリでは…

PMSに効果があると言われているのは、マグネシウムとカルシウムです。その他、うつ状態に良いとされているビタミンB6などが含まれているビタミン剤がおすすめです。

もちろん食生活でも摂っていただきたいのですが、食事が乱れているようでしたら、まずはサプリメントを試してみるといいかもしれません。

生理前に脈が飛ぶ?!

人によっては、生理前(10日前ぐらい)に脈が不定期にうったり、心臓が苦しくなるという人もいます。

脈の測り方は、手首に中指と人差し指の腹のところを優しくあてて測りますが、その際に脈の打ち方が一定ではなく、一瞬または数秒脈が途絶える(消える、飛ぶ)状態になる人もいます。これは、一定ではない脈ということで不整脈という言い方をします。

生理前の不整脈は、生理が始まるころには治っていることがほとんどですので、そこまで心配することはないと思います。ホルモンバランスやその時期の精神的な不安定な状況から不整脈になるとも言われています。

ただ、生理が始まっても治らない、不整脈が生理の時以外にも起こる、心臓の辺りが痛い、苦しいという症状があれば、がまんせずに一度医療機関で専門医に診てもらってください。内科でもいいですが、循環器内科という専門の診療科がおすすめです。

軽めの生理前の不快な症状はマグネシウムやカルシウム、ビタミンB6などの食品やサプリメントで様子をみたり、市販薬の購入を検討してみてください。

辛いようでしたらできるだけ早く婦人科を受診してみてくださいね。

「#生理」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ