E START

E START トップページ > マガジン  > 伊勢谷友介さん&内田理央さんが登場!貝印創業111周年イベント潜入レポ!

伊勢谷友介さん&内田理央さんが登場!貝印創業111周年イベント潜入レポ!

2019-11-16 09:00:00

刃物だけじゃない!美容アイテムも手掛ける「貝印」が創業111周年!

「貝印」と聞くと、カミソリを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

でも貝印は、カミソリだけでなく包丁などのキッチンアイテム、ビューラーやホットアイラッシュカーラーなどの美容アイテムも手掛けるメーカーなんです!

そんな貝印は、今年2019年で創業111周年を迎えました。これを記念して開催されたのが、「『いい刃の日』貝印111周年イベント」。

イベントの冒頭では貝印の遠藤浩彰副社長がご登壇され、貝印の歴史と今後の展望について語ってくださいました。

初めて国産のカミソリを製造した貝印の歴史とは…

1908年に岐阜県関市で誕生した貝印は、1930年代に入ると初めて国産のカミソリを製造。その後、1960年代からは、現在の貝印につながる包丁やハサミなどのカミソリ以外の刃物アイテムを展開してきました。

また、1963年に1枚刃の使い捨てカミソリとして販売された「T型ゴールド」のカミソリは「T型ゴールドステンレス」と改良されてもなお、現在までロングセラーのアイテムです。

長きに渡って愛されている貝印の商品は、いまや世界90の国と地域に展開されています。

遠藤副社長は「今後、貝印は環境に配慮したディスポーザブルカミソリと医療用刃物アイテムの事業を積極的に展開していきたい」とおっしゃっていました。

ディスポーザブルカミソリに関しては植物由来20%にし、2030年までにCO2排出量換算半減を目指すそうです。また、カミソリには2週間の使用に耐えられるスペックを表記し、使い捨てせずに持ち帰って使えるようにできたら、ともお話されていました。

環境のことをしっかりと考えている素敵なメーカー…!今後、貝印から発表されるアイテムに注目したいですね!

貝印工場の新制服を手掛けたリバースプロジェクト代表・伊勢谷友介さんが登場!スタイリッシュな着こなしで会場を沸かせる

貝印は創業111周年を記念し、貝印工場の制服を一新。この新制服を手がけたのが、俳優・伊勢谷友介さんが代表を務める(株)リバースプロジェクトです。

リバースプロジェクトは、伊勢谷さんが10年前の2009年に立ち上げた企業。衣食住に関わる、環境に良いアイテムをプロデュースしています。

伊勢谷さんはこのイベントに、貝印工場の新制服を着て登場しました!

「ホテルマンみたいですけど…」とおっしゃっていた伊勢谷さん。とてもスタイリッシュに新制服を着こなしていました!さすがです♡

また、「着心地がよくて、可動域も広いですね!」とも絶賛されていました!

実は貝印とリバースプロジェクトは、10年前からコラボ商品を発表していて深いつながりがあるそう。

遠藤副社長は、リバースプロジェクトのコンセプトや環境に対する姿勢に共感し、今回の貝印の新制服依頼に至ったそうです。

この新制服のデザインを手がけたのは、(株)ディー・スタイルのデザイナー・岡義英さん。貝印の爪切りを愛用している岡さんは、貝印の使う人たちのことを考える姿勢や、見た目の格好良さと着やすさを追求して新制服のデザインにあたったそうです。

貝印工場の従業員が「制服を着たい」と思えるよう研究員のような制服をイメージし、制服のデザインを通して企業をデザインするという気持ちで新制服制作に臨んだ岡さん。

貝印商品のシャープさを表現し、デザイン性と機能性にあふれた新制服を完成させたそうです!

遠藤副社長は「新制服は社員から好意的な意見が多い。これから愛着を持って長く使ってもらいたい」とおっしゃっていました。

KAIビューティーアンバサダー・内田理央さんも登場♪貝印の包丁をイメージしたケーキも!

イベントには、貝印の「KAIビューティーアンバサダー」を2017年から務める女優・モデルの内田理央さんも登場!ここから、伊勢谷さんとお二人のトークショーが始まりました。

「貝印の商品って、私たちの身の回りにいっぱいあるんですよ。貝印のビューティーツールを広めていきたいと思っています」と内田さん。

そんな内田さんがオススメする貝印のアイテムは、電動カミソリ「bi-hada ompa(ビハダ オンパ)」と「ホットアイラッシュカーラー」。bi-hada ompaは「スムーズに使えるし、音が静か!」、ホットアイラッシュカーラーは「まつげが上がって長時間落ちない!」と絶賛されていました♡

以前michillでも、bi-hada ompaをご紹介しています。こちらでぜひチェックしてみて!▶初めてのお泊りに必見!すっぴん風メイクで使われているポイントメイク第1位は…?!

ちなみに伊勢谷さんの貝印の愛用品は、爪切りだそうです。お家にはお鍋や包丁といったキッチンツールもあるのだとか!

そして内田さんは、今回のイベントに合わせて貝印の包丁をイメージしたイラストを発表してくれました。

「小学生みたい(笑)」と伊勢谷さんから言われてしまった内田さんのイラストですが、この後なんとケーキになって登場!

このケーキを作ったのは、レコールバンタン高等部の生徒さんたち。レコールバンタン高等部は、貝印が主催している高校生パティシエNo.1を決める大会「貝印スイーツ甲子園」の2019年決勝大会出場校です。

自分の描いた包丁のイラストがケーキになった内田さんは「かわいい!」と大絶賛し、伊勢谷さんもそのケーキの出来栄えに驚いていました!

このケーキをお二人とも美味しそうに試食されていましたよ♪

イベントの最後には、伊勢谷さんと内田さんから、これからの意気込みについてコメントがありました。

伊勢谷さん「日本でも環境への意識を高めていきたい。貝印さんと一緒に商品を作っていきたいと思っています」

内田さん「刃物は生活必需品。貝印にはビューティーツールもたくさんあります。貝印の商品を広めるサポートをしていきたい思っています」

刃物や美容アイテム、キッチンツールは日常生活で欠かせないアイテム。そんな生活必需品を手掛ける貝印の商品は、これからますます私たちの生活を便利にしてくれること間違いなし!今後展開される貝印の商品に期待大ですね♪


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ