E START

E START トップページ > マガジン  > 3月3日の桃の節句にぴったり♡簡単に作れる!ひな祭りケーキ寿司

3月3日の桃の節句にぴったり♡簡単に作れる!ひな祭りケーキ寿司

2021-03-02 11:00:00

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分

このレシピを試すのにかかる金額

  • 約350円(21cm×7cm×6cmの長方体1台分)

3月3日の桃の節句に!ひな祭りケーキ寿司・レシピ

うちは3人家族の一人息子なので、桃の節句とは縁がないんですが、私が女の子ですしね(笑)。

ひな祭りケーキ寿司を作ると、パパにも息子にも好評なので、毎年桃の節句の時期になると、トッピングをアレンジして、ひな祭りケーキ寿司を作っています。

作り方は簡単!スポンジの代わりに酢飯を型に入れて土台を作り、好きな具材をトッピングするだけです!女の子がいるご家庭でしたら、一緒に作っても楽しいですね♪

材料(21cm×7cm×6cmの長方体1台分)

酢飯 250g
温かいごはん 150g
まぜ込みわかめ(若菜) 3g
市販の錦糸たまご 20g
生ハム 7枚
菜の花 1本

下準備

・温かいごはんに混ぜ込みわかめを混ぜ込んで、蒸らしておきます。
・菜の花を塩茹でして水にさらして冷まし、水気を切って、茎から葉を外しておきます。

作り方

① 型にサランラップを大きめに敷いて、底に錦糸たまごを敷き詰めます。

② 錦糸たまごの上に酢飯を敷き詰めて、平らにならしておきます。

③ 酢飯の上に、混ぜ込みわかめを混ぜ込んだごはんを敷き詰めて、平らにならしてサランラップで包み、板などの重石をして(押し寿司のような感覚で)おきます。

④ 生ハムでバラを3つ作ります。真ん中に来るバラは、生ハムを3枚少しづつ重ねて並べ、端からくるくる巻いて、バラを作ります。

両端に来るバラ2つは、それぞれ2枚少しづつ重ねて並べ、端からくるくる巻いて作ります。

⑤ ③の押し寿司を取り出して、錦糸たまごの面を上にしてお皿に乗せ、生ハム3枚で作った大きめのバラを真ん中に置き、両端には生ハム2枚で作ったバラを置きます。

バラの横には、菜の花を葉っぱに見立てて置いたら完成です!

今回は、押し寿司用の型を使用していますが、パウンド型や食パン用パンケースなど、長方形のものを使って下さいね。なければ、牛乳パックを切って2枚重ねて使ってもOKです。

また、ホールケーキの型など、丸いケーキの型にしても可愛いですよ。

トッピングも、今回ご紹介した方法はほんの1例です。

生ハムをスモークサーモンやお刺身に変えたり、生物が苦手な方は、板かまぼこや、かぶや大根などの野菜を薄く切って、バラに見立てるのもありです。

色んなアイデアで、華やかなひな祭りケーキ寿司を作って、桃の節句をお祝いしてみてはいかがでしょうか?

「#ひなまつり」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント