E START

E START トップページ > マガジン  > 狭い部屋も広く&明るく見せる!片付けのプロがおすすめする「鏡の置き場所」

狭い部屋も広く&明るく見せる!片付けのプロがおすすめする「鏡の置き場所」

2022-05-19 11:00:00

おすすめ設置場所1:トイレの中

まず最初におすすめしたいのは、トイレの中。我が家はマンションで、狭くて窓もないトイレです。

そんなトイレにミラーを設置すると、明るく広くみえますよ!

小さなミラーでも十分効果があるので、取り入れやすい場所かと思います。我が家は、手洗いボウルの上に設置しています。

このミラーはニトリで購入した物で、石膏ボード用のピンをつけて掛けています。

設置する際、便座に座った時の真正面などにつけると、トイレの際に落ち着かなくなってしまう事もあるので、設置場所には注意して下さいね。

おすすめ設置場所2:リビングの壁

リビングを広く見せたい人にとてもおすすめです。

設置する場所には注意が必要で、ゴチャゴチャする場所が映り込むような場所に設置してしまうと、つねにミラーにゴチャゴチャが映し出されてしまったり、足元までのミラーを設置すると、足元が映し出されたら落ち着かない、という事もあります。

我が家のリビングでは、高さは目線の高さで、窓の外の空が映り込むような位置にミラーをつけています。

実際は狭いリビングなのですが、広く見えるね、といわれるのは鏡の効果かもしれません。

おすすめ設置場所3:玄関

設置している人も多いと思いますが、鏡の設置場所おすすめNO.1は玄関です。

トイレと同じで、マンション暮らしの我が家は窓がなく、暗くて狭い玄関です。

たぶん、マンション暮らしの皆さんは同じように感じる方も多いのではないでしょうか。

玄関は明るく広く見せる効果ももちろん期待できますが、お出かけ前の全身をチェックするという役割もあります。

立てかけ式のミラーだと場所を取りますし、倒れてくる危険性もあるので、玄関ミラーは業者さんに依頼して設置してもらうのがオススメです。

番外編:クローゼットドアの内側

番外編としてご紹介したいのは、クローゼットドアの内側です。この場所は、部屋を広く見せる効果という訳ではありませんが、鏡をつける場所なんてどこにもない…、と思っていた皆さんにもおすすめの場所です。

また、着替える際にクローゼットのドアを開けると、ちょうどミラーが出てくるので便利です。

リビングミラーの箇所でも書きましたが、お部屋にミラーを設置する際は、設置場所によっては逆に部屋がゴチャゴチャして見えることもあります。

狭い寝室や個室は、クローゼットのドア裏という選択肢もありです。

私はクローゼット扉の鏡がとても気に入っていて、寝室、長男の部屋、長女の部屋の3か所のクローゼットドア裏にミラーを設置しています。

今回は、おすすめの鏡の設置場所をご紹介しました。

鏡は空間を明るく広く見せる効果抜群です!ぜひ、みなさんの暮らし合わせて取り入れてみてくださいね。

「#心地よい暮らし」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■整理収納アドバイザーは見た!片づけてもすぐに散らかる人がやってる「4つのNG収納」
■モノで家が溢れてる人必見!片付けのプロが教える「持つべき量」の決め方
■【片づけ術・整理収納方法】片づけのプロは見た!片づけができない家に共通する特徴は?


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント