E START

E START トップページ > マガジン  > とにかく時間がない人もできる!プロが教える「簡単&時短!お片付け術」

とにかく時間がない人もできる!プロが教える「簡単&時短!お片付け術」

2022-05-22 11:00:00

片付けは小分けにして考える

片付けするなら、週末まるまる空けないと…!そんな風に考えていませんか?

普段忙しい方は休日にはゆっくりしたいですし、やりたいこともたくさんあってなかなか片付けを最優先事項に持っていきづらいですよね。

片付けは気力も体力も使いまますので一気にやろうとすると、疲れ果てて「もうやりたくない!」とストップしてしまうことも。

おすすめは、この週末は紙袋に溜まった書類だけ整理してみる。この引き出し1段だけ整理してみる。ハンガーにかかった洋服だけ見直してみる。粗大ごみを捨てに行くだけなど、忙しい方は特に片付けのやるべきことを小分けにして考えてみましょう。

少しずつやったところで何も変化しない!と思うかもしれませんが後回しにしているより確実に片付きます。引き出し1段でも片付いた空間があると生活もスムーズに動き出すことを実感できるはずです。

時間を計りながら片付けをする

上記の考えと同じですが、時間を区切って考えると忙しくても取り掛かりやすくなります。

今日は40分だけ片付けをする!と決めたらタイマーをセット。お子さんがいらっしゃる場合はお昼寝の時間、目が覚めるまで!などでもいいですね。

特に物置き部屋化している部屋がある方は1週間のうち1時間でも時間をとってその時間に集中して片付けをすると効果的です。

まとまった時間が取れなくても、1週間のうちに1時間なら捻出できそうですよね。

そもそも家に入れないことを意識する

片付けても片付けても永遠に終わる気がしない…と思っている方は、「物が家に入ってくる」状態を極力減らすこと。無意識にいただくおまけ、紙袋、チラシ、なんとなく買ってしまう100円ショップのモノ…。

物が家に入ってくるということは、その分整理して・収納場所を考えて・不要になったら処分するという時間と労力がかかります。

物を捨てることも大事ですがまずは家に不要なものを入れない意識が一番片付けをラクに時短させる方法です。無意識に貰っていないか、無意識に家の中に入れてしまっていないか、忙しい方こそ不要なものを家に入れない意識を持ってみてくださいね!

手放すと決めたものはいち早く家から出す

整理はしてみたものの、「これは後で売ろう」「捨て方が分からないから一旦置いておこう」「粗大ごみは今度出そう」と家の一角に不要なモノが溜まっていませんか?

忙しくてなかなか時間が取れない人こそ、やってしまいがちですが「不要」と判断したものが家の中にあるとちゃんと片付けが進んでいるという実感を得にくくなります。

整理をしたら不要なものの手放しは最優先事項でやっていきましょう。次の片付け時に行動に移せるように、車に積んでおく、回収の予約の電話をする、処分の方法をすぐに調べるなど次の行動がスムーズになるようにしておきましょう。

売りたい!と思ってなかなか行動に移せていない忙しい方こそ本当にその手放し方が合っているのか、手放し方の「時間と労力」を考えてみてくださいね。

とにかくイメージをする

片付けを細切れに進めていくには、片付いた後のお部屋をイメージすることが大事です。モチベーションや片付けのメリットを実感しないまま片付けを始めても途中で挫折したり優先順位が下がってしまいますよね。

何のために片付けるのか、どんなお部屋になったら心地よいか、より具体的にイメージが出来たら片付け中も思い返してみてくださいね。〇月中に片付けきる!と目標も一緒に立てると忙しい中でもより優先順位を上げて片付けに取り組むことができますよ。

いかがでしたか?今回は忙しくて時間がない方でもできる簡単&時短お片付け術をお伝えしました。

普段なかなか時間が取れない方でも片付けの優先順位を上げて少しずつ進めていくことで片付けは可能ですよ!ぜひ試してみてくださいね。

「#片づけ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント