E START

E START トップページ > マガジン  > オートミールで”まるごとバナナ”ができる?!低糖質バナナオムレット

オートミールで”まるごとバナナ”ができる?!低糖質バナナオムレット

2022-06-27 11:00:00

材料

・オートミール 20g
・卵 1個
・無調整豆乳(または牛乳) 10g
・米油 5g
・完熟バナナ 1本
・きび砂糖 15g
・生クリーム 100g
・きび砂糖 7g

下準備

・オートミールをミルサーなどで粉砕しておく。
・米油と豆乳を一緒に計り、軽く温めておく。
・湯せんを準備する。

作り方

① 卵をボールに割り入れ、軽く溶きほぐし、きび砂糖を加える。

② ボールを湯せんにかけ、ハンドミキサーの高速で泡立てる。

③ ハンドミキサーの羽で生地を持ち上げ、あとが残るくらいになったら低速に切り替え、キメを整える。

④ 湯せんから外し、粉砕したオートミールを加え混ぜる。フライパンにオイル(分量外)を入れ、予熱を始める。

⑤ 米油と無調整豆乳を加え、全体をしっかり混ぜ合わせる。

⑥ 熱したフライパンを濡れたふきんの上において、いったん冷ます。※濡れたふきんが熱くなるので、やけどに注意してください!

⑦ キッチンペーパーでフライパン全体にオイルを薄くぬり、超弱火にかける。

⑧ 生地の半分くらいの量を、フライパンに流し入れ、蓋をして約3分焼く。

⑨ フライ返しで生地を軽く持ち上げ、裏を見て焼き色をチェック。きつね色に焼けていたら裏返し、1分ほど焼く。

⑩ ラップの上に取り出し、全体を包み、乾燥を防止。完全に冷ます。

⑪ 再度、フライパンを濡れたふきんの上に置いて熱を冷まし、残りの生地も同じように焼く。

⑫ 生地が冷めたら、生クリームにきび砂糖を加え泡立てる。※氷水につけて泡立ててください。生クリームがぬるくなると分離したり、ゆるくなったりします。

⑬ 生クリームを絞り袋に入れ、真ん中にしぼり出す。パレットナイフで全体に伸ばす。

⑭ バナナを真ん中に置く。バナナが曲がっていたら、切り込みを入れたり3等分にカットする。

⑮ 両サイドの生地を持ち上げ、バナナを包み込む。

⑯ 上から生クリームを絞り、冷蔵庫で30分~しっかり冷やして完成!

オートミールは何を使うの?

オートミールには種類があります。このバナナオムレットには、粉砕したオートミールを使います。味つけがされていないオートミールなら、どれを使っても大丈夫です。

では、主に販売されているオートミールをご紹介しましょう。

ロールドオーツ

日本のスーパーで一般的に売られているオートミールは、ロールドオーツが多いようです。主食として、ご飯の代わりに食べられています。

チャーハンやおにぎりに使うと、腹持ちが良く、カロリーや糖質を抑えることができ、ダイエッターさんに人気のようです。

クイックオーツ

ロールドオーツを細かく粉砕したものがクイックオーツです。お茶漬けやカップスープの具材として食べられます。

インスタントオーツ

ロールドオーツを調理して乾燥させたものです。味つけがされているので、好みの味を探すと楽しそうですね。すぐに食べたい!というときにもありがたいのではないでしょうか。

今回は、オートミールのバナナオムレットをご紹介しました。フライパンで簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてくださいね!

「#スイーツレシピ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント