E START

E START トップページ > マガジン  > 紫外線対策にはリコピン!真っ赤なトマトとフジッリのアラビアータ

紫外線対策にはリコピン!真っ赤なトマトとフジッリのアラビアータ

2022-08-08 11:00:00

フジッリとは?

フジッリはらせん状のショートパスタのことです。サラダに使われることが多いようです。

このレシピでは、発芽玄米を使用したフジッリを使っています。通常のフジッリやペンネでも代用可能です。お好きなショートパスタで作ってみてください!

材料(1人分)

・小麦を使わないフジッリ 50g
・トマト 1個(約200g)
・ハムかベーコン 2枚
・チューブ入りにんにく 少々
・鷹の爪 1本
・粉末コンソメ 2g
・塩、こしょう 適量
・オリーブオイルとエキストラバージンオリーブオイル 適量

作り方

① フライパンにたっぷりお湯を沸かし、塩をひとつまみ入れフジッリを5分ほど茹でる。

② フジッリを茹でる間に、トマトを角切り、ハムやベーコンは短冊切りにする。

③ 鷹の爪は種を取り除き、輪切りにする。

④ 茹で上がったフジッリをザルにあげ、エキストラバージンオリーブオイルを回しかけておく。(くっつかないようにするためです。)

⑤ サッと洗ったフライパンの水けをふき取り、オリーブオイル・にんにく・鷹の爪を入れ弱火にかける。

⑥ にんにくが香ってきたらハムを加え軽く炒め、トマトを加え炒め合わせる。

⑦ トマトがトロッとしてきたら、塩・こしょう・粉末コンソメを加え混ぜる。

⑧ フジッリを戻し入れ絡めたら、皿に盛りつけパセリを振りかけて完成!

パスタを茹でるときのポイント

茹で時間

私が使用したフジッリの茹で時間は、3〜5分となっています。加熱調理をするため、茹で時間は短めがおすすめ。3分だと芯が残って固く感じたので、5分弱茹でてザルにあげました。

お使いになるショートパスタの茹で時間を目安にして、様子を見ながら好みの硬さに仕上げてください!

紫外線対策にトマト

トマトの種類

おすすめは真っ赤な完熟トマトです。トマトは完熟に近づくにつれてリコピンの含有量が増えるのだそう。皮が苦手な方は、湯むきするのがおすすめです。完熟トマトなら、包丁でキレイにむけますよ♪

リコピン

夏は特に紫外線が強く、お肌へのダメージが気になります。トマトに含まれているリコピンは、紫外線による酸化ストレスや炎症からお肌を守ってくれます。

加熱調理

トマトに含まれているリコピンは、油と一緒に加熱調理することで吸収されやすくなります。オリーブオイルとトマトのレシピが多い理由は、美味しいだけではなさそうです♪

今回は、フレッシュトマトとフジッリのパスタをご紹介しました。紫外線対策はもちろん、たくさんいただいたトマトがあるときにも、ぜひ作ってみてくださいね!

「#パスタ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント