E START

E START トップページ > マガジン  > 米粉でグルテンフリー♪ジューシー葡萄のしっとりアーモンドケーキ

米粉でグルテンフリー♪ジューシー葡萄のしっとりアーモンドケーキ

2022-09-30 11:00:00

しっとりジューシー♪葡萄のアーモンドケーキのレシピ

材料(18cmタルト型1枚、6カット分)

米粉 60g
アーモンドプードル 40g
ベーキングパウダー 3g
きび砂糖 45g
卵(Lサイズ) 1個
無塩バター 35g
ピオーネや巨峰 適量

下準備

・卵を室温に戻す。
・材料を計っておく。

・タルト型にオイル(分量外)をぬる。

作り方

① 無塩バターを600Wのレンジで50秒〜温め溶かし、オーブンを170℃に余熱開始。

② 葡萄をきれいに洗い水気を拭く。半分にカットし、種を取る。

③ ボールに卵を割り入れ、溶きほぐし、きび砂糖を加えよく混ぜる。

④ 溶かしバターを加え、もったりするまでよく混ぜる。

⑤ ザルでふるいながら粉類を加える。

☆アーモンドプードルとベーキングパウダーはダマになりやすいので、ふるうのがおすすめです。

⑥ ゴムベラで全体をよく混ぜる。

⑦ オイルを塗ったタルト型に生地を流し入れ、軽くゆすって平らにならす。

⑧ 半分にカットした葡萄を並べる。

⑨ 170℃のオーブンで30分焼く。

⑩ つまようじで刺して、緩い生地がくっついてこなければOK。型のまま冷まし、完成!

ケーキの食べごろは?

完全に冷まして、5〜6時間経つと生地が落ち着くのでおいしいです。半日くらい置くとより一層、生地がなじんで味わい深くなります。

暑い時期は冷蔵庫で保存して、食べる前に常温に戻しましょう。冷たいまま食べるより、しっとりしていておすすめです。

ケーキの賞味期限は?

水分のあるフレッシュな葡萄を使っているため、作った日を含め3日くらいで食べきるのが良いと思います。

ケーキのアレンジは?

フルーツを変える

いちじくやプラムが、アーモンドケーキによく合います。洋梨やリンゴもいいですね。あまり完熟していない、実の固いフルーツを選ぶと作りやすいです。

今回は、葡萄を半分にカットして使いました。種なし巨峰やピオーネが手に入ったら、丸ごとのせると豪華になりそうです。

生地に香りをつける

バニラオイルを加えたり、ラム酒を入れたりすると風味が変わるのでおすすめです。その場合は溶かしバターの後に加えて、混ぜてください。

葡萄の主な成分

甘くておいしい葡萄ですが、栄養もたくさん含まれています。主な成分をご紹介しましょう。

ポリフェノール

葡萄の皮には、アントシアニンやタンニンなど、数種類のポリフェノールが含まれています。眼精疲労や動脈硬化を予防してくれるそうです。今回のアーモンドケーキのように、皮ごと食べるのがいいですね!

カリウム

カリウムはむくみを防止し、体内に塩分が多いとき、利尿作用により余計な塩分を排出してくれます。

有機酸

疲労物質である乳酸を分解し、エネルギーに変える働きがあります。そのため疲労の蓄積を抑えたり回復させたりするといわれています。

これ以外にも、エネルギー源であるブドウ糖や抗酸化作用のあるビタミンE、貧血気味の方におすすめしたい鉄分などが含まれています。甘くておいしい上に、体にもうれしい効果があるなんて素敵なフルーツですね!

今回は、葡萄のアーモンドケーキをご紹介しました。焼き菓子にした、ジューシーな葡萄をぜひご賞味くださいね!

「#米粉」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント