E START

E START トップページ > マガジン  > 20分でお店の味!ミシュランシェフ鳥羽周作さんの最高に美味しい絶品ポテトサラダ再現レシピ

20分でお店の味!ミシュランシェフ鳥羽周作さんの最高に美味しい絶品ポテトサラダ再現レシピ

2022-12-06 11:00:00

ミシュラン一つ星レストラン「SIO」鳥羽シェフの絶品ポテトサラダ再現レシピ

鳥羽シェフのポテトサラダは基本、通常のポテトサラダの作り方と一緒ですが、入れる調味料に個性があり、作り方にもいくつかのポイントがあります。絶品ですし、ポテトサラダ作りのヒントにもなりますよ〜♪

材料(6人分)

じゃがいも 4個(600g)
玉ねぎ 1/4個(50g)
きゅうり 1/2本
アンチョビ(フィレ) 10g
粒マスタード 小さじ1杯半
はちみつ 小さじ1杯半
マヨネーズ 150g
生クリーム 45〜60g

【仕上げ用】
塩 適量
卵黄 適量
粉チーズ 適量
こしょう お好みで

下準備

アンチョビは、ペースト状にならない程度に細かく刻んでおきます。

作り方

① 鍋に水を入れて塩を少し加え、じゃがいもを丸ごと柔らかく茹でて熱いうちに皮を剥き、ボウルに入れて、マッシャーやフォークなどで滑らかに潰し、粗熱をとっておきます。

※熱い状態でマヨネーズを入れると溶けて分離してしまうので、常温で冷ましておきます。(夏場は、ボウルの底を氷水で冷やして冷まします。)

※冷ます時は、表面にラップをして乾燥を防ぎます。

※鳥羽シェフは芋芋っぽい感じより、滑らかな方が好きなので、かなり滑らかに潰していました。

② きゅうりは薄い小口切り、玉ねぎは薄くスライスしてボウルに入れ、塩を軽く振って揉み揉みしてしばらくおき、キッチンペーパーに包んで水気を切ります。

③ ①のじゃがいもに②のきゅうり・玉ねぎ、アンチョビ、粒マスタード、生クリーム、はちみつ、マヨネーズを順に加え、その都度ゴムべらで混ぜます。

作り方のポイント

・茹でたじゃがいもは、食感を重視してかなり滑らかに潰します。

・熱い状態でマヨネーズを入れると溶けて分離してしまうので、常温で冷ましておきます。(夏場は、ボウルの底を氷水で冷やして冷まします。)

・冷ます時は、表面にラップをして乾燥を防ぎます。

・アンチョビは、食べた時に塩っぽい感じが舌に伝わるように、ペースト状にならない程度に細かく刻んでおきます。

・生クリームを加えるとじゃがいも のつなぎになり、滑らかさとコクが増します。

・はちみつを加えると、甘じょっぱさが引き立ちます。

・ポテトサラダは、ゴムベラで混ぜるのがオススメです。

ポテトサラダの盛り付け

溶いた卵黄を回しかけて粉チーズを振り、こしょうを振ったら完成です!お酒のおつまみにする場合は、こしょうを多めに振って下さいね。

ポテトサラダのアレンジ

コッペパンに挟んでも絶品です!切り込みを入れたコッペパンにポテトサラダを詰めて、上に卵黄をかけ、粉チーズ(今回はパルミジャーノ・レッジャーノ)・こしょうを振ったら完成です!

ポテトサラダは定番なお料理だけど、一味違う、この絶品な鳥羽シェフの『ポテトサラダ』をぜひ、作って楽しんで下さいね♪

「#じゃがいもレシピ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント