E START

E START トップページ > マガジン  > 整理収納アドバイザーが教える!毎日の家事が驚くほどラクになる「5つの時短システム」

整理収納アドバイザーが教える!毎日の家事が驚くほどラクになる「5つの時短システム」

2022-01-08 11:00:00

時短システム1.洗濯機の下に隙間を作る

洗濯機の下はいつも掃除が行き届かず、年に一度大掃除の時に勇気を出して掃除をする場所でした。

でも、「ふんばるマン」という商品で洗濯機を嵩上げすると洗濯機下に手を入れられる隙間ができ、気軽にモップ掃除をすることができるようになりました!

洗濯機周りは衣類から出る埃や脱衣時に落ちる髪の毛などで汚れがち。

なのでこの「サッと掃除できるシステム」にしたのは大正解でした。今の家に引っ越してからはキャスター付きの台座を購入し、それに洗濯機を乗せています。

こちらも嵩上げしたことで下にフローリングワイパーがそのまま入るようになり、毎日洗濯機下まで掃除ができるようになりました。

時短システム2.お風呂の出入り口にマステを貼る

お風呂場の出入り口付近も水垢などの汚れが溜まりやすい場所ですよね。そこで、汚れてもすぐに対応できるようで切り口付近にマステを貼っています。

使っているのは100円ショップで購入した普通の白いマスキングテープです。

これを貼っていると水垢はマステの上に付くので汚れてきたら剥がして新しいテープを貼るだけで掃除が完了です。

以前はこびりついてしまった水垢をゴシゴシと削る作業があったのでそれがなくなっただけでとても楽になりました。

交換は数ヶ月に1回で大丈夫です。

今は防カビ剤入りの専用テープも100均で販売されているのでそれを使うとさらに効果的です!

時短システム3.防カビ燻煙剤を使う

こちらは有名な商品ですね。

2ヶ月に一度使うだけでお風呂場内のカビの発生を防止できるという手軽さからお風呂場掃除の一つとして取り入れています。

時短システム4.靴箱に突っ張り棒をする

小学生男子が2人いる我が家。

小学校に通う外靴からは「何かのマジックかな?」というくらい無限に砂が出てきます。当然、靴箱の中もすぐ砂だらけになるので靴箱の中に突っ張り棒を2本渡してその上に息子達の靴を置くようにしています。

こうすることで下に空間ができ、靴を避けなくてもサッと掃除ができるようになりました。

以前はいちいち靴をどかすのが面倒で年に1回くらいしかしなかった靴箱内のお掃除ですが今は気になった時にティッシュでサッと砂を集めるだけです。

時短システム5.電子レンジにマット

掃除のしやすさを求めてキッチンには何も出ていない我が家。

汚れや傷防止のキッチンマットも置いていないのですが、実は唯一マットを敷いている場所があります。それが、電子レンジの庫内です。

ここはお皿の底で細かな傷がついたり、なにかと汚れやすい場所なので山崎実業TOWERシリーズの電子レンジ用シリコンマットを敷いています。

ポイントは、縁が少しだけ高くなっているところです。

液体が溢れてしまっても少量ならば縁でせき止めてくれるので汚れの範囲が最小限で済みます。

オーブンでの使用は不可(溶けたり燃えたりするようなのでご注意を!)なのですが電子レンジ使用中の庫内を汚れから守ってくれる心強いアイテムです。

いかがでしたでしょうか?

生活に取り入れるとちょっと掃除が楽になる5つの時短システムのご紹介でした。参考になれば幸いです。整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした。

「#心地よい暮らし」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■片付けのプロがやってる!「スッキリ片付いたキッチンをつくる5つのコツ」
■断捨離前に要チェック!整理収納アドバイザーも止める「捨てたら後悔するかもしれないモノ」5選
■時間と心に余裕ができる!整理収納アドバイザーが教える「シンプルに暮らすための4つのコツ」


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント