E START

E START トップページ > マガジン  > 【カルディ】コレ考えた人天才?!料理が劇的に美味しくなる♡魔法みたいな調味料

【カルディ】コレ考えた人天才?!料理が劇的に美味しくなる♡魔法みたいな調味料

2021-07-30 08:00:00

「南蛮えびスープ」ってどんなもの?

少し前にテレビで取り上げられていた、カルディで販売されている「南蛮えびスープ」。

こちらは濃縮タイプの調味料でボトルに入っており、1本200mlで386円(税込)。

濃厚なえびの風味が特徴的で、これ1本で色んな料理が劇的に美味しくなる万能アイテムなんですよ!

まず、この「南蛮えびスープ」がどれだけ美味しいかを確かめるなら、パッケージに書かれている通りに簡単えびのスープを味わってみて下さい。

作り方は小鍋にお湯を300ml、南蛮えびスープを30ml入れるだけでOKだけれど、私は一緒にレタスと玉ねぎのスライスを入れて、火が通ったら器に入れて小葱を散らしました。


たったこれだけなので2分くらいで出来ちゃう簡単スープなのですが…えびの旨味と香りが絶品な凄いスープに!

お湯で割っただけで、こんなに本格的なスープが作れるなんて…これはアレンジ次第で「ごはんづくり」にかなり大活躍すること間違いなし。

ということで、他にも「南蛮えびスープ」を使った簡単アレンジをご紹介します。

残りごはんが豪華な「えび風味のチャーハン」に!

「南蛮えびスープ」のパッケージには炊き込みご飯やチャーハンにもおすすめと書かれているのでシンプルに卵とごはんだけのチャーハンを作ってみたところ、こちらも食欲が進みまくる絶品チャーハンが出来上がりました。

材料(2人前)

・卵 2個
・ごはん 230~250g(一応2人分)
・南蛮えびスープ 大さじ1くらい

炒めている時に塩コショウをして味をみながら「南蛮えびスープ」を少し足してみても良いと思います。

通常、チャーハンを作る時には「鶏がらスープの素」を欠かさず入れるのだけれど、今回は入れなくても美味しく作ることが出来ましたよ。

おかずなんていらない!絶品「南蛮えび炊き込みごはん」

次もごはんものになりますが、美味しすぎて、ダイエット中なので炭水化物を控えたいのに食べるのをやめられなかった「南蛮えびの炊き込みごはん」をご紹介します。

こちらはパッケージにはお米2合に対して、南蛮えびスープは60mlと書いてありますが、我が家の場合、お米2合にもち麦60gを追加し、水は600mlで毎回お米を炊くので、今回は以下で炊いてみました。

材料

・お米 2合
・もち麦 60g
・南蛮えびスープ 80ml
・水 520ml

ちなみに、まずはシンプルに味をみたかったので今回の作り方には具材を入れてないのですが、通常の炊き込みごはんのように人参1/4本、キノコ類適量、油揚げ1枚などの具材を入れても美味しかったですよ。

私が作った具材なしのシンプル炊き込みごはんだと、いつものようにご飯を炊けばOK!(注意点は味にムラが出来ないようによくかき混ぜておくくらい)

南蛮えびスープは80ml入れたので、かなり濃厚な炊き込みご飯になりますが、具材を入れるとちょうど良い味になると思います。(薄味派は70mlでも良いかも…)

お米2合にもち麦60gだと、だいたいお米3合分くらいの出来上がり量になるので、お米を3合炊かれるご家庭も南蛮えびスープの量は70~80mlを目安にしてもらえば良いかなと思います。

ごはんを炊いている時からとても良い香りがして!これだけでおかずは何もいらないくらいの美味しさ。

他にも、雑炊に使ってみたり、パスタやブイヤベースに使ってみたり、南蛮えびラーメンにしてみたり…と使い方は無限の「南蛮えびスープ」。

これ1本あれば、料理の幅がかなり広がるので、カルディで見かけたらぜひとも買って、色々お試ししてみて下さいね。

「#カルディ」の記事をもっと見る


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント