E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > メレンゲでふんわりふわふわ♪秋に食べたいモンブランパンケーキ

メレンゲでふんわりふわふわ♪秋に食べたいモンブランパンケーキ

2018-09-19 12:00:00

メレンゲ入りのパンケーキ

材料

・薄力粉…100g
・ベーキングパウダー…5g
・きび糖…30g
・卵…L玉1個
・牛乳…60g
・太白ごま油…15g
・ヨーグルト…60g

準備

・ヨーグルトを一晩、水切りしておきます。60gが30gになるのがベスト。

・卵は卵黄と卵白に分けておきます。

・卵白は冷蔵庫で冷やしておきます。

作り方

① 卵黄にきび糖の半量を加えてよく混ぜます。水切りヨーグルト、牛乳、太白ごま油を順に加え、その都度よく混ぜます。薄力粉とベーキングパウダーはふるいながら入れ、混ぜ合わせます。

② 卵白のボウルに残りのきび糖を加えて、ハンドミキサーでツノが立つまで泡立てます。

③ ①のボウルに②のメレンゲの1/3ほど加え、よく混ぜます。残りのメレンゲも加えてふんわりと混ぜます。

④ よく熱したフライパンを一度濡れ布巾にのせて温度を均一にしてから生地をお玉で入れます。

⑤ いい焼き色がついたらひっくり返し、裏面を焼きます。このとき蓋をすると中まで火が通ります。

手作りが美味しいモンブランクリーム

モンブランクリームは、去年ご紹介させていただいたクリームです。

茹でて中身を保存しておけば思い立った時にすぐにモンブランクリームが作れます。栗を茹でてから始めるとプロセスが長く感じますが、栗の下準備がされているとそれだけでも取りかかりのハードルがひとつ下がります。
タルトやパンケーキやワッフルに添えても。アイスクリームの上に絞ってもおいしいです。

今回はふんわりとメレンゲ入りのパンケーキに添えました。
モンブラン絞りの金口で絞ればお店のような出来上がりになります。
モンブランクリームはすべてフードプロセッサーにかけてできる手軽さです。

材料

・栗(茹でて中身を出しもの)…200g
・きび糖…60g~70g
・生クリーム…30g
・バター(室温で柔らかくしたもの)…20g
・ラムクリーム…お好みで適量(子どもが食べるときは入れなくても)

作り方

すべての材料をフードプロセッサーに入れなめらかになるまでかける。
なめらかになったら裏ごしして出来上がり。
*モンブランクリームに仕立てたらその日中にお召し上がりください。

器も秋色に

モンブランのイメージで器も秋色に。貫入入りの器はのせたモノを美味しくみせてくれるし、リムの茶色がなんとも秋のこっくりした感じでとっても気に入ってます。すべて同じ作家さんのものです。

モンブランクリームは一手間、二手間とかかりますが、秋には必ず作りたくなるスイーツです。

プレートにパンケーキを2枚並べて粉糖を振り、その横に生クリームをこんもりと盛り付けてモンブランの金口で生クリームを覆うようにしてモンブランクリームを絞り出します。あればハーブを添えて完成です。ぜひ、お試しくださいね。

「#おうちカフェ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■秋の旬食材「栗」でなめらかモンブランクリーム♪
■セリアのシリコン型を使えば簡単♪お店みたいな厚焼きパンケーキ
■ホットプレートで再現☆自宅でふわふわスフレパンケーキ
■糖質オフ!SNSで大人気♪クラウドブレッドのパンケーキタワー
■パンケーキに見えてパンケーキじゃない!?絶品クランペット


関連記事

情報提供元: michill (ミチル)

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ