E START

E START トップページ > マガジン  > 恋愛がしたいとは言うけれど、恋愛って何!?って思う人へ

恋愛がしたいとは言うけれど、恋愛って何!?って思う人へ

2016-09-21 11:22:49

恋愛がしたいとは言うけれど、恋愛って何!?恋愛をする前にしっかりと理解しておこう。今回は、恋愛についての定義や恋愛をするために必要なこと、恋愛の特徴などを解説していく。ダメな恋愛についても触れていくので、恋愛について知りたい人は参考にしてほしい。

恋愛とは

恋愛について国語辞典で調べてみた

恋愛7

三省堂国語辞典で調べてみると、『恋愛とは互いに恋をして、愛を感じるようになること』と書かれている。片方が好きでも、もう片方が嫌いな場合は成り立たないようである。“好きでもないけど付き合ってる”は、恋愛とは呼べないようだ。ただ恋愛については、これだけではわからない。さらに深堀して考えないといけないものが出てきた。それは、恋とは何?愛とは何?ということである。どういう状態が恋で、どういう状態が愛なのかわからなければ、今回、国語辞典で調べた『恋愛』の文章は解読不能である。そこで、恋と愛についても深堀してみた。

恋とは

恋について調べてみた。恋愛と同じく、三省堂国語辞典で調べてみた。『恋とは人を好きになって、会いたい、いつまでも傍にいたいと思う、満たされない気持ちを持つこと』と書かれている。満たされないけれど、どうしようなく好きな状態が恋のようだ。具体的にはどんな状態なのかというと、恐らく西野カナの「会いたくて会いたくて」が恋という状態になると推測した。

歌を聴くと、会いたいという思いが全面に出ている。またいつまでも傍にいたいという気持ちもこの歌からはうかがえる。そして、満たされないけど、どうしようなく好きな状態も感じ取れることができる。

恋について、素早く理解したければ西野カナの「あいたくてあいたくて」を聞くといいだろう。そんなところで、恋については理解できたと思う。続いて愛について知ることができれば、恋愛について理解できるはずだ。

愛とは

恋愛4

愛について国語辞典で調べてみた。『愛は相手をたいせつに思い、つくそうとする気持ち。恋を感じた相手を大切に思う気持ち』と書かれている。先ほどの『恋』した対象を大切に思い、尽くす気持ちがあれば、それは愛なのかもしれない。調べてみて思ったことが、恋と愛の違いは、恋は自分にベクトルが向いたものであるが、愛は相手にベクトルが向いたものである。簡単に言うと、恋は見返りを求めるが愛は相手に尽くし、見返りを求めないものであるということである。先ほども歌詞で例を挙げたので、今回も愛について具体的に例をあげるとゲームピクミンの歌である「愛のうた」が愛なのではないか。

ゲームのピクミンの歌である。ゲームでピクミンは主人公であるオリマ―を守り、食べられたり。相手を大切に思い、尽くしている。しかし、「愛してくれ」など見返りは求めない。これこそが愛なのだと思う。恋のように、好きだからいつまでも私と一緒にいてくれ!とかではない、ピクミンこそが愛なのかもしれない。
愛についてもこれである程度理解ができたことと思う。そこで、恋愛について立ち返ってみよう。

恋愛とはお互いに恋をして、お互いに大切に思う『愛』の状態へ向かうこと

恋愛1

恋愛に立ちかえってみよう。もう一度国語辞典に載っていることを書き記すと、
『恋愛とは互いに恋をして、愛を感じるようになること』
恋、愛について学んだからには、恐らく理解できたことだろう。
お互いに会いたくて会いたくて震えて、大切に思われていることを感じる
そういう状態が恋愛なのかもしれない。

恋愛がしたいけど、どうすればいいの!?

恋愛5

恋愛をする前には、恋愛についてしっかり知っておかないといけない。そのために、恋愛については前述した。次は具体的に恋愛をするにはどうしたらいいのかについて解説していく。恋愛をしたい!と思っても、具体的に何をしたらいいのかわからないことと思う。

恋愛をしたいと思ったら

恋愛をするための1歩目

0630-1

恋愛をしたいと思ったら、まず最初にすることは出会いを探すことである。恋愛をするには相手が必要なのは言うまでもない。しかし、恋愛をしたい!という人に限って多いのが「出会いがなくて…」などの言い訳である。出会いがある場所へどんどん出ていかなければ当然、出会いなどあるわけがない。なので、まずは外に出て、出会いのある場所に積極的に行くようにするのが、恋愛をするための第一歩である。具体的にはどういった場所に行けばいいのかわからない方もいると思うが、どこでもいいから考えて行動に移してみよう。

恋愛をするための2歩目

恋愛をするために、外に積極的にでるようになったら、続いてしておきたいことが見た目の改善である。ここで言う、見た目とは、雰囲気のことであり、顔を整形しろということではない。簡単に言うと身だしなみである。服装や髪形をしっかりと整えよう。なぜ身だしなみを整えることが重要なのか、深堀していく。

服装・髪型を整えると恋愛に積極的になる

まずは服装や髪形を整えると、外に積極的にでるようになる。身だしなみを整えることで、自分に自信が持てるようになる。そうなると、恋愛に対して変に意識しなくても、興味を持った相手にアプローチができるようになってくるのだ。そのため、出会いを探すようになったら、身だしなみを整えてみよう。具体的には以下のような服装・髪型が無難で恋愛に向いていると思う。

男性参考画像

女性参考画像

ただ一概に、これが全てあてはまるわけではない。人間は十人十色であるため、正解はない。自分で考えて、考え抜いて身だしなみを整えてほしい。そうすることで、恋愛に積極的になることと思う。

恋愛をするための最終ステップ

恋愛6

ここまでくると、後は会話のテクニックになってくる。恋愛をしよう!と考え、出会いを探しに外に出てかつ身だしなみも整えた後は、多くの相手と話してみよう。多くの人と話すことによって、恋愛についても体にしみこまれていく。実際に、多くの人の感性に触れることによって多くの気づきが発生する。失敗したりすることもあるだろうが、そうしていくことによって恋愛は自然と出来るようになる。多くの人と話すことで、この人いいなって思う人が出てくるはずだ。

恋愛をするためには

恋愛をしたいと思ったら、まずは行動をすることが大事である。上記であげたことが、恋愛における全てではないが、最低限必要なことである。恋愛をしたい人は、ぜひ実行してみてほしい。ただ、ここでよく言われるのが、恋愛をそこまで頑張ってやる必要あるの?ということである。以下からそれについても解説していく。

恋愛をするメリットとは!?

0711

恋愛をすることは、いくつかのメリットもある。恋愛すると、自由がなくなる、めんどくさいなど言う人もいるが、それを覆せるだけのメリットをいくつか紹介していく。

恋愛をするメリット①:外見がかっこよくなるor可愛くなる

恋愛をすると、男性であれば外見がかっこよくなる。女性であれば可愛くなる。なぜなら、恋愛をしていると、いつ会えてもいいように常にかっこよくいたい、可愛くありたいという意識が働くからである。また、確実に会える時は、気合をいれて服装を選んだりするので、かっこよくもしくは可愛くなる。

恋愛するメリット②:内面が綺麗になる

恋愛をすると、相手を思いやったり、相手のことを考えるようになるので、内面が綺麗になる。人の気持ちが今まで以上にわかるようになるので、内面を磨くという意味でも非常にメリットである。

恋愛するメリット③:毎日が楽しい

恋愛をしていると、毎日が楽しくなってくる。仕事や勉強にも前向きに取り組めるようになるというメリットがある。休日に出かけるために、今日の仕事がんばろうなど、生きる気力にもなってくる。

恋愛するメリットについて

恋愛をするメリットについては、ある程度理解できたことと思う。内面や外見が綺麗なり、毎日が楽しくなる。それくらい恋愛には+の効果がある。ただ、逆に恋愛におぼれすぎると、-の効果もあるので、注意していきたい。

恋愛にはまりすぎると、ダメ

No.006-002

恋愛にはまりすぎると、それはそれでおかしくなります。ではどうなると、恋愛をしていてダメになるのか。以下で解説していく。

ダメな恋愛の典型的な例

恋愛は、良い面もあれば悪い面もある。恋愛でこうなるとダメになるの典型的な例があるので、そうならないように予めダメな恋愛に関して理解しておこう。

ダメ恋愛の典型的なパターン①:2人の距離感が近すぎる、遠すぎる

ダメな恋愛にありがちなパターンの1つとして挙げられるのが、距離感がおかしいことである。2人の距離感が近すぎると、段々と鬱陶しい存在に思うようになる。そのため、毎日ベタベタすることは、あまりいい恋愛とは言えない。逆に、2人の距離感が遠すぎても、お互いに意識することがなくなり、冷めてしまう原因になる。お互いにベストな距離感で恋愛できるようにしよう。お互いを思いやり、適度な距離感を保つことがいい恋愛につながる。

ダメ恋愛の典型的なパターン②:コミュニケーションが一方的

GREEN_HO20140125_TP_V

ダメ恋愛になる典型的なパターンの2つ目は、コミュニケーションが一方的であるということである。会話が建設的ではなく、相手に自分の要望をおしつけるだけになる恋愛はダメな恋愛に突き進んでいく原因になるわけだ。お互いの意思を尊重しつつ、お互いを受け入れることが良い恋愛と言えるだろう。

ダメ恋愛の典型的なパターン③:素の自分が出せない

58-2

最後にダメ恋愛になる典型的なパターンは、素の自分が出せない恋愛である。恋愛を始めたばかりなどは、さほど気にならないが、時間が経つにつれて、息苦しさを感じるようになる。ありのままの自分を出せない相手とは、恋愛してはいけない。付き合っていくうちに幻滅されたりしたらどうしよう…などいろいろ不安になりながら恋愛していくと、何も楽しくないからだ。

ダメな恋愛をしないためには

0704-1

ダメな恋愛をしないためには、お互いに思いやり、ありのままの自分で接するようにしよう。しっかりと前述したダメな恋愛について認識しておけば、防ぐこともできるかと思う。またここで述べたことがダメじゃない場合ももちろんある。それは、年代などで変わってきたりすることもあるからだ。以下で、年代別の恋愛観について紹介していくのでそちらもぜひ参考にして頂けれたらと思う。

年代別の恋愛観、年齢によって恋愛は変わってくる

No.006-003

年代によって、それぞれ恋愛観というものは違う。人間、歳をとると考え方も変わってくるため、当たり前のことだろう。では、それぞれ具体的には、どんな恋愛観になっているのか、知っておこう

20代は恋愛をどう考えているのか

20代になると、学生の頃が終わりを迎え、恋愛に対する価値観が現実的になってくる。
学生の頃は、理想を追いかけていたものの、いざ社会に出て仕事をするようになると現実を理解してくる。そのため、自分に合う人、合わない人を選んだ恋愛をする傾向にある。

30代は恋愛をどう考えているのか

女性の場合は、出産したいという気持ちがあり、焦りの恋愛をする傾向にある。また、仕事とのバランスなども考慮するようになり、逆に相手を選べず恋愛ができなくなる傾向もある。30代の恋愛は「今後どのような人生を送りたいか」を考えた恋愛になってくる。

40代は恋愛をどう考えているのか

40代になると。自分の生き方やスタイルにこだわった恋愛をする傾向がある。女性の場合は、結婚にしばられない恋愛を考えている方が多く、出産などもこだわっていない。有意義な交際を求めている。

年代ごとによって恋愛は変わってくる、恋愛に年齢は関係ないが、参考になればと思う。
自分の年齢と比較し、どういった恋愛観などかを確認して現状把握するのもいいはずだ。

現実にあった面白い恋愛エピソード

ここで嗜好を変えて、面白い恋愛エピソードについてツイッターで探してみた。


携帯をロックされていたら、誰でも疑うはず。しかし、まさかの暗証番号が彼女の誕生日という。彼女にしてみたら、逆にうれしいというハプニング。恋愛としては、ほほえましいエピソードになる。


よく聞くあるある恋愛ネタかもしれない。相談相手に実は恋をしているパターン。第三者の視点から見ていると面白いが、当の本人としては辛いだろう。ほろ苦い恋愛。


恋は盲目。彼氏しか見えない状態になっているのでしょう。冷静になるのも大事と感じる恋愛。


最後に紹介するのは、恋愛の別れである。まさかの大ダメージを与える一言。別れるのだから、そこは肯定してあげておいたほうがよかったのかもしれない。

ツイッターでの面白恋愛ネタはこれくらいにして
最後に、どういった恋愛が理想的なのかを紹介しておく。

理想的な恋愛とは

0722

理想的な恋愛とはいったいどんな恋愛なのか。こういった恋愛をしておくと、上手くいくはずだ。

理想的な恋愛の特徴①:一人の時間もお互い大切にする

まず理想的な恋愛の特徴として挙げられるのが、お互いに1人の時間を大切にしているということだ。恋愛をすると、常に一緒にいたい気持ちが先行して、相手の時間を思いやれない場合がある。しかし、それは相手に依存していることになり、恋愛の状態としてはあまり良くはない。そのため、1人の時間をお互い持ち、お互いに自分を高め合う。そういった時間をお互いに理解できる関係が理想な恋愛への第一歩である。

理想的な恋愛の特徴②:自分を磨く

先ほど述べた特徴に付随して、自分を磨くことが重要である。自分を磨くことで、相手からも魅力的に映る。魅力的な状態を維持することで、お互いの恋愛状態を常に保っていられるのだ。したがって、理想的な恋愛をしたいのなら、まずは自分を磨くことを意識しよう。外見的な意味でも内面的な意味でも、自分を磨くことが大切である。

理想的な恋愛の特徴③:全てを許せる心を持つ、見返りを求めない

恋愛をしていく上で大切なのが、見返りを求めないことである。「こんなに尽くしているのに・・・」など、“のに”がつく恋愛は基本的にうまくいかない。子供の恋愛に多い特徴である。理想的な恋愛は、無償の愛をお互いに提供することなのだ。そのため、相手に対して広く思いやれる心を持とう。

理想的な恋愛をしよう

理想的な恋愛の特徴について理解できただろうか、理想的な恋愛とは、相手を思いやるというところに焦点が置かれていることに気づけたと思う。恋愛は相手がいないと成り立たない。理想的な恋愛に必要なのは、相手に歩み寄ろうとする気持ち。自分ばかりの楽しさだけでなく、相手についても深く考えるようにしよう。

恋愛って何!?恋愛はお互いを思いやり、2人でつくるもの

恋愛1

恋愛について深く解説していったが、いかがだっただろうか。恋愛とは何か?の前にも恋とは何か?愛とは何か?まで遡って、見てきたが参考にはなっただろうか。結論としては、恋愛とはお互いを思いやり、時に笑い、泣き、2人で作っていくものである。独りよがりの恋愛は恋愛とは呼ばない。先に述べたように、子供の恋愛は独りよがりであることが多いが、多くの人は理想的な恋愛を求めているはず。ぜひ今回の記事を参考にして、恋愛をしていってくれたらと思う。実際、恋愛に関しては多くの人が悩むことでもあるので、悩んだら、相手を思いやれているのかどうかを考えることをお勧めする。

今回の記事が良かったと思ったら、シェアボタンを押していただけると記事執筆をしていく励みになります。

情報提供元: ESTART編集部

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント