E START

E START トップページ > マガジン  > おうち時間は映画で!映画のなかの「守ってくれる男」は誰?

おうち時間は映画で!映画のなかの「守ってくれる男」は誰?

2020-05-20 18:30:03

おうちステイが続く今日このごろ、映画を観る本数が増えた人も多いのではないでしょうか。DVDを借りにレンタルショップに行かなくても、動画配信で映画を観ることができるので、ありがたいですよね。今の時期にオススメしたいのは、女を守ってくれる強い男が出てくる映画です。

不安な時は、守ってもらいたい。

未来がはっきりせず、なにかと不安な時期は、愛する人を守りたくなるもの。そして愛する人に守ってもらいたくもなります。個人的に守ってもらえる系オススメ映画は『宮本から君へ』。宮本(池松壮亮さん)が、恋人の靖子(蒼井優さん)を守るために、必死になって生きる物語です。

蒼井優さんは以前『彼女がその名を知らない鳥たち』という映画でも同居人の阿部サダヲさんにすごく尽くされていたし、とてもうらやましいなと思います。そして面白いことにどちらの映画でも蒼井優さんが演じる役は、決して弱くはありません。むしろ強く、凛としています。そうした女性がふとした時に見せる弱さに、男はぐっとくるのかもしれません。

全力で守られるという安心感

愛する人を守るという気持ちが根底にあるアニメーション映画といえば、新海誠監督作品。近作の『天気の子』や『君の名は。』でも、お互いを想い合い、守り合いたいという強い思いが観客の心を打ち、大ヒットとなりました。遠く離れていても、心に大切な人がいることで、人は強くなれる。そんなことを教えてもらえる素敵な物語でした。

誰かのことを心底守りたい、支えたい、という気持ちになれることは、なかなかないことです。世界に70億もの人間がいるなか、たったひとりのかけがえのない存在ができたということだけでも、貴重な経験なのです。その感動を映画を観ることで味わうことで、自分の大切な人を思い出す良いきっかけにもなるかもしれません。

女性を守る王道映画といえばこれ!

『TOKYO GRAFITI』2020年5月号の特集は「抱きたい抱かれたい映画の男」。映画に出てくるおすすめイケメン俳優を著名人たちが紹介するコーナーも。お笑い芸人のかなでさんが推していたのが『タイタニック』のジャック・ドーソン(レオナルド・ディカプリオさん)。

Tokyo graffiti(東京グラフィティ)#161
Fujisan.co.jpより

映画『タイタニック』は、沈没しかけた豪華客船の中で、ジャックが愛するローズ(ケイト・ウィンスレットさん)を守るために、それこそあらゆる行動をとった、そんな胸が熱くなる物語。突然襲った厳しい状況下でも、グイグイリードしてくれる頼もしい男性像は、なにかと不安なこの時期の癒しになること間違いなしです。

 

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ