E START

E START トップページ > マガジン  > 前田敦子はもう元AKB48じゃない!もはや世界のマエアツだ!天才!

前田敦子はもう元AKB48じゃない!もはや世界のマエアツだ!天才!

2022-08-09 20:00:31

海外の映画祭でも話題の映画『コンビニエンス・ストーリー』がついに全国公開!初日翌日となる8月6日には都内劇場で公開記念舞台挨拶が行われ、成田凌、前田敦子、三木聡監督が登壇した。

若手脚本家・加藤役の成田は10代の頃から三木監督作のファン。今回、念願の三木ワールド初出演となった。「撮影は過酷な日々でしたが、幸せでした!現場のみんなが三木監督に敬意を持ってついていくという意識が現場に漂っていた。映画を作る人間として、幸せな現場でした」と喜色満面。脚本の1ページ目から三木ワールド全開だったそうで「この中に自分が入るのかと思ったし、現場での美術、照明、カメラワークすべてが三木ワールドだった」と憧れの世界に感激していた。

不思議なコンビニ「リソーマート」で働く人妻・惠子役の前田は、三木ワールド全開の撮影を振り返り「どこだろうここは?みたいな場所で撮影が行われ、演出も三木監督でしかない演出。夢心地すぎて、あまり覚えていません」と微笑みながら驚きの告白で場を沸かせた。

一方、三木監督は二人を「静の天才・成田凌。動の天才・前田敦子!」と評すも、劇中で前田とのラブシーンがあるからなのか成田は「静」を「性」とまさかの脳内誤変換。すぐに成田は誤りに気付いて「“性の天才”と言われたのかと思ってドキッとした!」と爆笑で、三木監督も「そこを間違えられたら困る!性豪の成田凌になっちゃうから!」と報道陣に向けて誤変換を注意喚起していた。

改めて三木監督は「成田君はまるで虚無僧のように、日常からずれていく様を見事に掴んでくれた」と賞嘆。前田についても「天然な感じがある一方で、芝居の本質的なところに辿り着くスピードが速い。とにかくポテンシャルが高くて、世界的レベルの才能の持ち主。まさに世界のマエアツ」と絶賛した。その前田は三木監督から「その天才性はどこから湧いてくるの?(AKB48の)センターにいたときから?」と聞かれると、即答で「秋元康さんが見つけてくれた時からだと思います!」と潔く答えて笑いを誘っていた。

本作は、ファンタジア国際映画祭(カナダ・モントリオール)と香港国際映画祭に出品されるなど海外からの注目度も高い。海外オーディエンスの反応について三木監督は「とにかく喜んでもらえていて、上映後は質問も沢山飛び交った。日本のコンビニにも不思議なイメージを抱いたようで、奇妙な異世界感があるみたい」と手応えを報告した。

また映画の内容にちなんで「スランプの対処方法」を聞かれた成田は「別なことをする。僕はめちゃめちゃ眠れる人なので、バラエティ番組を見てお風呂に入って寝る」と明かし、前田は「モヤモヤするときもあるけれど、一人で抱え込まない」と友人に相談してデトックスすると紹介。三木監督は「掃除!」といい、成田と前田も「わかる~!」と共感していた。

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント