E START

E START トップページ > マガジン  > 環境にやさしいランドセル「エシカル ランドセル」シリーズが販売開始。今年は半カブセモデルも登場

環境にやさしいランドセル「エシカル ランドセル」シリーズが販売開始。今年は半カブセモデルも登場

2022-08-09 19:25:00

最近よく聞くようになった言葉「エシカル」。直訳すると「倫理的」、「道徳上」という意味ですが、近年では「倫理的=環境保全や社会貢献」の意味合いが強くなっており、人と社会、地球環境などを考慮してつくられたものを指します。

この度、その「エシカル」を名前に持つランドセル「エシカル ランドセル」シリーズが8月4日(木)より販売開始となりました。

「エシカル ランドセル」シリーズ

株式会社セイバンは、「エシカル ランドセル」シリーズを、2022年8月4日(木)よりセイバン公式オンラインストア「天使のはねストア」にて販売を開始。同シリーズは、原材料のロットと生産数の誤差で生じた余剰生地を有効活用し、厳しい品質基準をクリアしたアップサイクルなランドセルとなっています。

また、今年は従来の学習院型モデルに加え、軽量化された半カブセモデルも登場しています。

エシカルランドセルの特徴

エシカルランドセルはアップサイクルなランドセルという事以外にも、「天使の羽」などの姿勢づくりサポート機能や、6年間修理保証、マチ幅12cmの収納スペース、全5色のカラーラインナップなど、嬉しい特徴が盛りだくさん。詳しくは公式オンラインストアへ。

セイバン公式オンラインストア:https://store.seiban.co.jp/

エシカルランドセル誕生の経緯

セイバンでは、現代の多様化するニーズに対応するために毎年複数のバリエーションのランドセルを製造。その際、6年間の品質を保証するため、生地に独自の使用期限を設け、活用しきれなかった生地は廃棄せざるを得ませんでした。

しかし、「地球環境のために資源を最大限に有効活用できないか。まだ使える生地を最後まで使い切ることはできないか。」という想いから新工場を立ち上げ、生産管理の体制を改善しました。

その結果、今まで廃棄対象となっていた生地を使い、新たなランドセル製造することが可能に。このような経緯でエシカルランドセルが誕生しました。

「半カブセモデル」が新登場

今年は新たにエシカルランドセルのシリーズに「半カブセモデル」が登場。シンプルなデザインと半カブセが特長で、「天使のはね」や「3D肩ベルト」などの姿勢づくりサポート機能も搭載。全5色の展開で、6年修理保証付きの数量限定モデルとなっています。

半カブセモデルの特長

①機能を限定したシンプルなデザインで約1,060gの軽量モデルに

②立てたまま出し入れしやすい半カブセ仕様

③夜道でのお子さまの安全を守る反射材をしっかり搭載

④強い力で引っ張られると自動的に外れるセパレート式安全フックを採用

 

廃棄される生地を有効活用した地球環境にやさしいランドセル「エシカル ランドセル」シリーズ は8月4日(木)より販売となっています。

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント