E START

E START トップページ > マガジン  > 10ドルで恋人関係を終わらせる?“お別れ代行サービス”とは?

10ドルで恋人関係を終わらせる?“お別れ代行サービス”とは?

2016-07-11 11:48:58

恋愛の定義といえば、「付き合ってください」に始まり「別れましょう」で終わること。なかには“自然消滅”なんてケースもあるでしょうが、誠意ある大人の恋愛にはケジメが必要。

しかし、別れを切り出せず気持ちがないままズルズル関係を引きずってしまうパターンもあります。そうした悩みを解決サービスが、今ネット上で話題を集めているらしいのです。

お別れ代行サービス

世の中には様々な人間模様があり、性格や人柄も十人十色。恋人に別れを告げたくても伝えられずに困っている人も実は多いとか。

そんな男女が密かに利用しているのが『お別れ代行』という伝言サービス。その言葉のとおり、本人に代わって交際相手へ別れを告げ、恋人関係に終止符を打つ代行屋。

これに対してネットユーザーの反応はシビア。お世辞にも、あまり良い反応ではないみたいで、ネット上でもマイナスなコメントが目立っていました。

・勝手に個人情報を漏らされて、そのうえ業者から連絡がくるのはイラッとする
・メッセージ送って納得する保証はなし。キレそうな相手なら対策が必要かも
・こんなの頼むくらいなら、そもそも恋愛するなよ
・とにかく失礼なサービス。かえって恨みをかう確率も高くなるでしょ
・呆れた商売。“片思い告白代行”に変えたら?

とはいえ、少なからず利用している人もいるようで「お別れ代行サービス」は今も健在。そこで今回は、ネットで話題を集めている“お別れ代行屋”を2つピックアップしました。

リスト1 <The Breakup Shop>

The Breakup Shopはカナダ在住の兄弟が運営するお別れ代行サービスで、Eメールを使って“サヨナラメッセージ”を交際相手に送ってくれるシステム。料金は1通あたり10ドル。

ほかにも、手紙や動画で別れを告げる場合は20ドル、30ドルなら具体的な理由を書いてくれるなど、いろんなオプションが用意されているとのこと。

さらに経緯や気持ちなど事情を電話で説明し、そのあと別れを告げるサービスもあり、こちらは29ドル。このサービスを開始した理由は、ゴースティングを減らすため。

ちゃんと相手に別れを告げ関係を終わらせる手伝いをすることで、ゴースティング(連絡が途絶えて自然消滅すること)に悩む人を減らしたいという目的があるそうですよ。

参考:The Breakup Shop
http://breakupshop.com/

リスト2 <お別れエージェンシー>

ドイツ・ベルリン在住のベルント・ドレスラーさんが運営しているお別れ代行サービス。

料金設定は、電話で別れを告げる場合は30ユーロ(約3500円)、手紙で伝える場合は40ユーロ、相手のもとへ直接出向いて口頭で別れを告げる際は65ユーロ+交通費。

依頼するにあたり条件があり、それは別れたい理由を3つ挙げること。理由を明確にすることで相手を納得させる材料になるからだそうです。

また、「イエローカード」というプランもあり、こちらは別れを告げるのではなく“相手に関係を修復するチャンス”を与えるための機会。つまり、警告を促すのが目的。

改善してほしい点、恋人関係を維持するための条件やルールなどを相手に伝える役目を代行し、受け入れてもらえないときには“サヨナラメッセージ”が発動するわけですね。

参考:お別れエージェンシー
http://www.trennungsagentur.com/

フランクじゃないとキツイ

これまでにサービスを利用したメインユーザーは18歳から35歳までと幅広く、交際期間の平均は5ヶ月から1年前後のケースが多いとのこと。

やはり傾向としては、交際期間が短く“フランク”な関係のカップルが手軽な感覚で利用するみたいです。「ありがとう!バイバイ」って感じで。

それにしても、急に知らない人から「別れてほしいと伝言を預かっています」なんて連絡がきたら、しばらくショックで落ち込んじゃいますね。

SNSやインターネットが便利になる一方、現実社会でのコミュニケーションが苦手になっている人も多く、こうした新たなサービスが今後も増え続けていくのでしょうか。

情報提供元: ESTART編集部

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント