E START

E START トップページ > マガジン  > 【東京☆今夜はここで独り呑み】 ~寒さや雨が苦手なら!駅直結の居酒屋へ~(赤坂編)~

【東京☆今夜はここで独り呑み】 ~寒さや雨が苦手なら!駅直結の居酒屋へ~(赤坂編)~

2019-12-06 18:00:07

『家呑みよりも、気になる町で独り呑み』今回は港区赤坂に繰り出します。赤坂と言えばTBSのおひざ元。マスコミのイメージが強い町ですが、かつては銀座と並ぶ大人の繁華街。永田町に近い料亭街としても有名で、今も赤坂芸妓による踊り、唄などが披露される公演『赤坂をどり』は毎年恒例となっています。

そんな赤坂は今、ホテルが大増殖中。大通りの面した古くからある大型ホテルとは対照的な小規模のホテルが次々に完成し、ものすごいことになっています。(来年のオリンピックイヤーはいったいどうなってしまうのか…)

その赤坂の玄関口にそびえ立つのが『赤坂Bizタワー』。博報堂、毎日放送、東京エレクトロンなど有名企業が入居するオフィスビルで数多くの飲食店が利用できます。地下鉄千代田線と直結しているのでだから独り呑みにもうってつけ。寒さや雨を気にせず呑めるうえ、酔ってもすぐ駅のホームにたどり着くことができます。

タワー1階にある『大和屋 半蔵』は活魚専門仲卸の直営店。昼間は行列ができますが、夜は比較的スムーズに入れるようです。この日も居心地の良いカウンター席が空いていました。

まずは、この時期のおすすめ「牡蠣の南蛮漬け」、そして「いぶりがっこクリームチーズ」を注文。実は、この店、一品料理の多くが定食で頼めるので、仕事帰りにサッと食事をすませる人たちをよく見かけます。(魚系は仲卸の直営とあって充実のラインナップ)後の事を考えて、酒はさっぱり系のウーロンハイでいくことにします。

名物は「干物の串焼き」で、いろいろ選ぶことができますが、迷ったら「おまかせの5本盛り」がおすすめです。赤坂BizタワーはもともとTBS関連の建物があった敷地を大規模再開発して新たに生まれたスポットですが、その名残りを今も感じる事ができます。

例えば、「Tops」「グラナータ」「ざくろ」といったお店は、開発前から同所にあった有名御三家(すべてざくろグループのお店)。その味は、今もタワーで楽しめるため、長年通う常連さんも少なくありません。(トップスのケーキはグラナータ内のカフェでいただけます)

ここで定食にもできる一品料理の中から「豚の生姜焼き」と「銀鮭の塩焼き」をオーダー。どちらも庶民の味の代表格ですが、ごはんなしで食べるだけで、ちょっと贅沢な気分になるから不思議です。

ちなみに個人的にイチオシなのは「小海老とチーズのひと口かき揚げ」です。御品書きには小さな写真がのっているだけですが、食べたら「これは当たり!」と思える一品です。

お酒もけっこういただいたので、デザートをいただきお勘定。12月はBizタワーのお隣「赤坂ACTシアター」で人気の公演が目白押し。「赤坂サカス」も「赤坂BLITZ」でも多彩なイベントがあり、駅周辺のお店は何かと混み合う年の瀬ですが、だからこそ、気軽に独り呑みができる店は、ありがたい存在になりそうです。

店名:『居酒屋 よりぬき魚類 大和屋 半蔵』

住所:東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 1F

電話:03-6435-5399

営業:[月~金]11:00~23:00(L.O22:00)

[土・日・祝]11:00~22:00(L.O21:00)

定休日:Bizタワーの営業日に準じる

週刊現代 2018年12/22号 (2018年12月10日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ