E START

E START トップページ > マガジン  > 若手注目女優の松本穂香と奈緒、七夕に艶やか浴衣姿で激早納涼だ!

若手注目女優の松本穂香と奈緒、七夕に艶やか浴衣姿で激早納涼だ!

2020-07-08 15:00:26

作家・髙田郁による400万部超えのベストセラー時代劇小説を、“時代の風雲児”角川春樹が映画化した『みをつくし料理帖』(10月16日公開)。7月7日には東京・銀座の東映本社で七夕記者会見が行われ、主演の松本穂香、共演の奈緒、そして角川春樹監督が出席した。

奈緒の浴衣姿に松本が「浴衣美人!」との言葉を送ると、奈緒も「想像を上回るお似合い具合。本当に素敵」とほめそやし。松本は奈緒について「奈緒さんの選ぶ言葉は丁寧で美しい。心が綺麗だからそういう言葉が出て来るんだと思う。心根が美しい方」と羨望の眼差し。奈緒も「松本さんは一つのことを追求される方。澪ちゃんが松本さんだったからいいシーンになったというところが詰まって映画になりました」と感謝し「褒め合っていますけど、長い時間を過ごせば過ごすほど好きなところが見つかる」と松本に惚れ惚れしていた。

神田にある蕎麦処「つる家」の女料理人・澪役の松本は、生き別れた澪の幼馴染・野江役の奈緒について「電話で話したり、ゴハンに一緒に行ったり仲良くさせてもらっています」と撮影終了後も続く交流を明かし、奈緒も「実は現在撮影中のドラマもご一緒させていただき、プライベートでも話をする関係性です」と仲の良さをうかがわせた。

撮影の思い出を聞かれた松本は「地方での撮影では奈緒さんの部屋に行って話をしたり、花火を一緒にしました」と回想。一方の奈緒は撮影後の思い出として「完成した作品の試写を一緒に観た後にお茶をしていたら、帰宅ラッシュの時間になってしまって。2人して満員電車に揺られながら帰ったのは楽しい思い出です」と明かすと、松本は「夕方の山手線だったよね」と思い出し笑い。奈緒も「本気の満員電車でギュウギュウになりながらね」と楽しそうだった。

左から、奈緒、松本穂香、角川春樹監督

また七夕の短冊に願い事をしたためる企画では「奈緒ちゃんとキャンプに行けますように」(松本)、「晴れの日の多き十月となりますように」(奈緒)と発表。松本は「キャンプに行って奈緒ちゃんの好きなカレーを一緒に作ろうかな」と理由を説明すると、奈緒は「キャー!嬉しい!」と喜色満面。

しかし松本は「これを書き終わった後に『映画がヒットしますように』と書けばよかったと思いました。間違えたかな?」と主演として反省。奈緒は「映画は10月16日公開。今は雨が続いている日々なので、願いを込めて」と映画をPRするも「実は私もキャンプにするか花火にするか迷いました」とフォローして仲の良さをうかがわせた。

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント