E START

E START トップページ > マガジン  > 不妊の原因は男性側にあることが多い?「美馬レディースクリニック」院長・美馬博史氏が近年の不妊治療の現状を明かす

不妊の原因は男性側にあることが多い?「美馬レディースクリニック」院長・美馬博史氏が近年の不妊治療の現状を明かす

2021-06-24 19:00:47

テンカイズα。この番組は、TBSラジオで放送中「テンカイズ」の番組内だけでは紹介しきれないアツイ人たちをYouTube限定で紹介して行く番組。様々な業界で活躍する人に迫ります。

今回のゲストは心に寄り添った治療で女性をサポートする「美馬レディースクリニック」院長・美馬博史さんです。

美馬レディースクリニックとは?

宇賀なつみアナウンサー(以下、宇賀)「では早速ですが、美馬レディースクリニックではどのようなことを行っているんですか?」

美馬博史さん(以下、美馬)「うちは赤坂にある不妊専門のクリニックです。できるだけ自然に妊娠させることを目的としています。」

宇賀「自然に妊娠する力を高めるためにはどういう事をするんですか?」

美馬「どこに問題があるかということを、超音波検査と、それから細菌検査とか血液検査、あるいは卵管通水法(卵管や子宮の検査)、それとご主人の精子の検査、こういったことを調べて原因がどこにあるかというのを見て、一人ひとりにアドバイスをしたり、治療をしたりしています。」

女性だけでなく男性の問題も!?

宇賀「こういった問題って女性だけではなくて、男性も一緒に考えて生活習慣を整えていかないといけないんですよね。」

美馬「そうですね。今までは半分半分と言われていたんですけど、最近は男性の方の原因が多くて、55%ほどの割合で男性に原因があるんです。受精卵を作るには絶対に精子も必要なんですね。ご主人の精子のクオリティが良いかというのも重要になってくる。クオリティが良ければ妊娠率がアップするんです。できるだけ男性も食生活の改善とか亜鉛をとるという事をして、それから十分な睡眠、軽い運動をしたりとか、そういったことに気を使ってもらっていますね。初診の時はご主人と奥様が一緒に来られることが多いです。」

宇賀「一緒に考える方が増えているという事ですね。」

美馬「そうですね。」

需要が高まる産み分け

宇賀「先生のクリニックでは産み分けをされているんですか?」

美馬「そうですね。10年前からずっとやっていたんですけど、最近では1人目から産み分けをしたいという方が増えてきたんです。去年の場合、たまたまですけど、女の子の妊娠率が100%だったんですね。100例くらいやって100%だから珍しいんですけど、パーコール法というやり方で、下の方に女の子の精子だけが集まるようになっているんですね。それを注射器でとって子宮の中に人工授精する。その方法で女の子の確立が一気に上がっていますね。それから急に女の子を生みたいという人が殺到していますね。」

美馬博史×テンカイズ

宇賀「最後に美馬さんの今後の展開を教えてください。」

美馬「独自の産婦人科医を目指してこれからも頑張っていきたいと思っています。」

宇賀「やっぱり女性だけではなくて、男性も一緒に考えるようにならないといけないんだなと思ったんですけど。」

美馬「そうですね。ご主人がやる気になって来てる夫婦はとんとん拍子にいっちゃうし、来院のたびについてくるご主人もいますし。本当にそういう方は妊娠しますね。」

宇賀「性別に関係なく理解が深まっていくといいなと思います。ありがとうございました。」

テンカイズ

TBSラジオで毎週水曜日よる9時から放送中。

FM905、AM 954、TBSラジオも視聴可能

テンカイズ公式ページ:https://www.tbsradio.jp/488165

Twitter:@TBS_TENKAIZU

美馬レディースクリニック

URL:http://www.mima-ladies.com/

美馬レディースクリニックでは健康でありたいと願う女性を体と心の両面からサポート。診療では常に院長が主治医を務める「院長主治医体制」を徹底し、個人差に合わせて体にやさしいホルモン療法を行っています。

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント