E START

E START トップページ > マガジン  > 白髪で9歳以上老け見えする!? 早めのケアが吉と出る!メンズ白髪ケアアイテム3選

白髪で9歳以上老け見えする!? 早めのケアが吉と出る!メンズ白髪ケアアイテム3選

2021-11-29 11:00:19

白髪を気にする男性

最近、なぜか白髪が増えた気がする……。鏡に映るそんな自分に気付いたなら、早めに対処したほうがいいかもしれません。多くの男性は、白髪が気になっているものの、対策する方法が分からずに、または面倒で放置しがち。早め早めの対策をとることで、周囲に差をつけることができるはず。

そこで今回は、そんなあなたの味方になる、白髪対策アイテムをご紹介します。

6割以上が白髪が気になる…でもケアしていないが8割以上!意識と行動のギャップ

多くの男性たちは今、自分の白髪とその対策について、どのような思いを持っているのでしょうか?

大正製薬が2021年9月に、全国の30歳~59歳の男女1,200名に対して実施した「男性の白髪に対する意識や白髪ケアの実態」に関する調査の結果、「男性の白髪」を気にする人は男女合わせて6割以上となり、実際の年齢より平均9歳以上老けて見えると回答。しかし、白髪があり、なおかつ黒髪でいたいと考えているにも関わらず、白髪ケアをしていない男性が61.1%で、男性の白髪ケアには「意識と行動のギャップ」があることが分かりました。

なぜ白髪ケアをしないのでしょうか? その理由については、「忙しくて手が回らないから」、「面倒だから」など、白髪ケアを手間だと感じている男性が35.3%。

確かに白髪は「はげ」よりも「ダンディ」「大人の男」といったプラスのイメージもあるため、ケアしようという意識が起きにくいのかもしれませんね。

一方で、女性は、男性に対して平均52.1歳までは黒髪でいてほしいと回答しているので、油断は禁物。

この調査にコメントを寄せていたビューティディレクター&エディターの大出剛士さんは、白髪ケアについて次のように述べています。

「白髪をあえてそのままを受け入れる、という新たな価値観がここ数年で盛り上がってきていますが、アンケート結果から見ても分かるように、実年齢よりもどうしても老けて見えてしまうというデメリットがあるのも事実です」

「アンケートにて驚きの結果だったのが、白髪対策をしていない男性が想像以上に多かったことです。そんな人でも、カラートリートメントは自宅で簡単にケアできるので、非常に採り入れやすいアイテムです。オンラインミーティングが当たり前になった今、日本人男性も見た目を意識して整える時代が到来したと言えます。まずはヘアケアから変えてみることで、その効果は必至。大きな自信への第一歩になることは間違いありません。今のうちからケアしておくことで、周囲に差をつけましょう」

白髪ケアは、早め早めが重要というわけですね。今からケアして、周囲に差をつけちゃいましょう。

シャンプー・白髪隠し…おうちでケアできるメンズ白髪対策アイテム3選

そこで今回は、最新アイテムも含めた、おうちで手軽にケアできるメンズ白髪対策アイテムをご紹介します。

1.大正製薬「ブラックウルフ」シリーズ

大正製薬「ブラックウルフ」シリーズ

2021年10月1日に誕生した新ヘアケアブランド「ブラックウルフ」は、自分本来の頭皮の活力に着目し、ブラックアクティブ処方を採用した、黒髪をケアするためのヘアケアブランド。シャンプー、コンディショナー、スカルプエッセンス等がラインナップされています。

シャンプーで、濃密泡によって油を落として、コンディショナーで髪にハリ・コシを与えます。さらに、お風呂上がりの頭皮にうるおいを与えるスカルプエッセンスで仕上げをする3ステップでケア。

仕上がりタイプに合わせて選べる3つのラインがあります。黒髪にハリ・コシを与え、立ち上がる強さ&ボリューム感のある仕上がりの「ボリュームアップライン」、黒髪を根元からリフレッシュ&爽やかな清潔感のある仕上がりの「リフレッシュライン」、黒髪にスペシャルケアができる「プレミアムライン」の3つ。

さらに、ダメージを補修しながら使うたびに白髪を目立たなくするカラートリートメントもあります。

白髪が気になり始めた人は、いつものシャンプー&コンディショナー、エッセンスやトリートメントを、このブランドに総入れ替えしてみるのもいいかもしれません。

2.ネイチャーラボの「MARO17 ブラックプラス」シリーズ

ネイチャーラボの「MARO17 ブラックプラス」シリーズ

続いては、ネイチャーラボのメンズエイジングケアブランド「MARO17」より、2019年4月に発売された「ブラックプラスシリーズ」です。そのラインナップは「ブラックプラス シャンプー」「ブラックプラス コラーゲンショット」「ブラックプラス エッセンス」の3つ。

このブランドは、あきらめない男のための、頭皮と髪のために新たな発想を加えて研究・開発されており、MARO17独自処方の保湿成分を配合したシャンプー、コンディショナー、頭皮用エッセンスや薄毛・抜毛予防の薬用発毛促進ブースターを販売中。

その中でも、新しいブラックプラスシリーズは、ハリ・コシのある黒髪を目指すことが可能です。

シャンプーは、毛髪保護成分を高配合。髪と頭皮をスッキリ洗います。コラーゲンショットは、清潔な頭皮にスプレーして、マッサージするようになじませて、ハリ・コシのある黒髪を目指します。そしてエッセンスは、同じく清潔な頭皮にスプレーしてマッサージするようになじませることで、うるおいのある黒髪に。

シリーズをセットで使うことで、理想の黒髪に近付けるかもしれません。

3.ダリヤの「サロン ド プロ メンズワイドマーカー(白髪用)」

ダリヤの「サロン ド プロ メンズワイドマーカー(白髪用)」

こちらは、白髪染めはまだしたくないけれど、リモート会議などのときに、気になる部分だけかくしたい、というその日だけの白髪かくしができるアイテムです。

ダリヤが展開する「サロン ド プロ」ブランドより、今年9月に発売されたのが、この広範囲の白髪が簡単にかくせるマーカータイプの白髪かくし「メンズワイドマーカー」。

均一に色がつきやすい設計の幅広ブロック型マーカーになっており、気になる部分に一気にサッと塗ることができます。頭皮への着色を防ぐガード付きなので、初めてでも塗りやすい仕様。色付きが強いものの、頭皮についても拭き取れる毛髪着色料タイプ。

簡単に使えて自然に仕上がるので、塗るだけで印象アップを目指せます。ぜひリモート会議のほか、大切な日にも活用できそうです。

*

白髪が気になってきたという人は、ぜひこれらのアイテムを試してみるなどして、一歩先を行くケアをしましょう。

【プロフィール】

大出剛士(おおで つよし)さん

女性誌エディターや人気ヘアサロンPRを経て、『Harper’sBAZAAR日本版』の副編集長、『WWDマガジン』副編集長を務めたのち、美容専門業界紙『WWD BEAUTY』編集長に。ビューティ業界に携わって20年以上のキャリアをもち、現在はビューティディレクター&エディターとして活動している。

【参考】

大正製薬「ブラックウルフ」(https://brand.taisho.co.jp/blackwolf/)

ネイチャーラボ「MARO17」(https://www.maro17.jp/)

ダリヤ「サロン ド プロ メンズワイドマーカー」(https://salondepro.jp/item_info/mens_marker.html)

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント