E START

E START トップページ > マガジン  > 見取り図、恋愛価値観・モテる男の特徴を語る「親を大事にする方」「拓哉感」

見取り図、恋愛価値観・モテる男の特徴を語る「親を大事にする方」「拓哉感」

2022-08-02 19:30:25

恋活・婚活マッチングサービス『with』は、自分の恋愛における価値観について診断できるイベント「健恋診断(けんこいしんだん)」を2022年7月29日(金)から2022年8月7日(日)までの期間限定でWITH HARAJUKUにて開催いたします。

「with」は、累計700万人の登録者数を持つ恋活・婚活アプリ。内面や価値観を重視した出会いを提供してます。

同社が6月10日~6月19日の期間、18歳~39歳の男女計800名に行った「2022年の夏に関する恋愛価値観調査」によると、約86%が「恋愛において価値観が合うことを大事にしている」と回答。恋人、パートナー選びにおいて"価値観の一致"を重要視していることが調査で明らかになりました。

今回発表された「健恋診断」は、所要時間はたったの5分。「事前診断」「恋愛コミュニケーション診断」「恋愛パーソナリティ診断」という3つの診断を受診することで、知ってるようで意外と知らない「自分の恋愛価値観」を知ることができます。

イベントでは、診断結果と合わせて、この夏あなたの恋をちょっと前向きにする恋愛アイテム 「恋の処方箋」をプレゼント。恋に前向きになれる香りの【香水】と「健恋診断」にちなんだ【オリジナルアイテム】が同封されています。

「健恋診断」開催を記念してゲストに見取り図さんを迎えた「健恋診断」オープニングイベントが行われました。見取り図のお二人は白衣姿で登場、恋愛において大切にしている価値観や、モテる男の特徴について語りました!

どんな価値観が合えばパートナーになれるか聞かれた盛山さんは「タクシー2人で乗ってた時に、結構喋ってくれはる運転手さんとかもいらっしゃるじゃないですか。気さくに。『今日昼暑かったやろ』みたいな。その時にね、それを遮って『そんなんいいんで、急いでもらっていいですか?』って一回言ってた女性の方が。その時はびっくりしました」と回想。

これを聞いたリリーさんが「対応してほしい?」と尋ねると、盛山さんは「急いでてんけど、そのとき。にしても、いい断り方。断らないというか、断るにしてもなんかあるやん。言葉。そういうのはなかなか…とは思いました。そんなん俺の方が言いそうな見た目やのに(笑)」と返していました。

一方のリリーさんは「家庭環境とかいろいろなので、一概には言えないですけど、親を大事にしないっていうのは結構昔から。それで別れたりしましたね」とコメント。「家庭環境とかあると思うんですけど、親の悪口を言ったり。思っても言わないでほしいですね。親を大事にする方がいいです」と明かしていました。

イベント後の質疑応答で、理解できないと思った異性の行動を聞かれたリリーさんは「店員さんにタメ口とか嫌ですね。やっぱり一気に冷めるというか」と発言。盛山さんは「います?そんな方」と返し、これにリリーさんは「いますよ!たっくさん」と即答し「東京ではまだ出会ったことないですけど。大阪多かったですよ」とも。

そんなリリーさんは「店員さんは100歩譲ってもですけど、例えばですけど、僕の後輩とかにいきなりため口の女性とか、マジで引いてしまいますね。年齢とか関係なく、最初は敬語で入ってほしいです。僕は。これが価値観です」と礼節を重んじているようでした。

これに「芸人あるあるやん」と同意した盛山さんは「本当にそうですね。先輩の食べ物とかいろいろするじゃないですか。なに頼みますか?とか、注文とかね。同じように後輩として扱われるっていうね」と自身の経験を語り「31~32歳くらいの時に、23歳くらいの女の子のドリンクずっと俺気にしてた(笑)」とも明かしていました。

その後、モテる人の特徴に話が及ぶと、リリーさんは「芯があるというか。自分を持っている人がモテている気がします。女性はちょっとわからないですけど、男性は僕の見た中ではそうでしたね。あんま流されないというか」と持論を展開。

盛山さんは「余裕がある人。全てのジャンルにおいて、カテゴリーにおいて余裕がある人。というか(木村)拓哉感がある人ですよ。木村さんのように余裕がある風な方は、やっぱりモテてるなと思います」と考えを明かし、リリーさんは「木村さんのような顔の人もモテてます」とボケて、盛山さんに「そらそうやろ」とつっこみ。そんな二人はモテる男について「木村拓哉さんです」と結論づけていました。

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント