E START

E START トップページ > マガジン  > 連休中に小遣い稼ぎ!?ネットで株投資をする前に

連休中に小遣い稼ぎ!?ネットで株投資をする前に

2016-04-27 18:54:19

ネットで株投資をする前に

証券会社を大きく二つに分けると「ネット証券」と「総合証券」に分けられます。
ネットで株投資を始めるにはまずこの「ネット証券」に取引口座を開く必要があります。

「ネット証券」に口座を開設する前に、この「ネット証券」と「総合証券」の違いを理解しておきたいと思います。
「ネット証券」は文字通りインターネットで口座を開設して(無店舗)、ボタン一つで株の売買をします。

「総合証券」は店舗を構えていて、証券マンを通して売買をします。
「ネット証券」のメリットは何といっても口座管理料がかからない事と手数料の安さでしょう。

証券会社によって手数料はさまざまですが、「総合証券」と比べると、5分の1~10分の1という安さになっています。一方「総合証券」のメリットは証券マンにいろいろ相談に乗ってもらえることです。人件費がかかる分当然取引き手数料はものすごく高いという事を理解して証券会社を選びましょう

59-1

「ネット証券」と「総合証券」とについて知っておこう

ネットではじめての株投資を始める前に、証券会社の事を少し理解しましょう。
株取引をするのに必要な証券会社は「ネット証券(インターネット証券)」と「総合証券」の2つ大きくに分けられます。

ネットで株投資をするなら、この「ネット証券」に口座を開設する必要があるのですが、その口座開設をする前に、この2種類の証券会社の違いとそれぞれの特色を理解しておく必要があります。

59-2

「総合証券」のメリット・デメリット

「総合証券」とは大和証券やみずほ証券のような店舗を構えて営業マン(証券マン)と相談しながら株の売買を決めていく従来通りのやり方の証券会社です。
メリットとしては株の取引で悩んだときに経験豊かな証券マンに相談できるという事です。

株取引が初心者であれば、証券マンから意見を聞いたり情報をもらうのもひとつの手ではあります。
しかしその分人件費がかかるので、取扱手数料はすごく高くなります。

また、証券会社によってはその時々に売りたい銘柄などがあったりするので、証券マンの言いなりになって株を購入するのはリスクがあります。

59-3

「ネット証券」のメリット・デメリット

「ネット証券」は文字通りインターネット上に口座を開設し無店舗で営業マンと顔を合わせることも無くパソコン(又は携帯)でボタン一つで株の売買をします。
最大のメリットは口座管理料がかからない事と手数料の安さです。

人件費が削減されているので「総合証券」の手数料と比べると5分の1~10分の1という価格です。
取引が活発になれば、この価格差はとても大きいです。

また、株価や業績の分析ツールもネットで無料で提供している証券会社がたくさんあり、上手く使いこなすと、お得に株式投資がはじめられます。証券マンがいない分、無理な売り込みが無いこともメリットのひとつです。

59-4

まとめ

59-5

「総合証券」と「ネット証券」の違いが分かったところで、実際にネット証券を使って株の投資をすることにしてみましょう

情報提供元: ESTART編集部

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ