E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観る前に

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観る前に

2016-04-27 19:13:35

CW1

CW3

CW4

CW5

▼公開情報
タイトル:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
公開表記:4月29日(金)全国ロードショー
配給表記:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
著作表記:(C)2016 Marvel.
公式サイト:Marvel-japan.jp/Civilwar

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を観る前に
直前シリーズ作品として『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』を見ておこう!

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』とは

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2016/4/27 19:12時点)

世界を守るべく、性格も特長もそれぞれ全く違う個性的なスーパーヒーローたちが力を合わせて戦った、マーベルのアメコミ映画『アベンジャーズ』の2作目である本作。

今回、彼らが直面するのは、超高度な人工知能の脅威である。
映画は時として現実世界が直面する影を映し出すが、本作も、人間を超越する人工知能という、現実のテクノロジーが生み出しつつある影を、確実に映し出しているといえる。

元々は、人間が究極の平和を目的として作った超高度な人工知能なのだが、平和の最適解が人類の滅亡を選択するという皮肉。
マーベル作品の中でも最大級にド派手な娯楽作として撮られた本作に、享楽的かつ効率化しすぎた現代において、ひとつの社会批評的視点を投げかけている。

もちろん、本作は本質的には破格の娯楽作なので、単純にスーパーヒーローたちの活劇として楽しむことを前提とした作りではあるが、その隙間に、社会を映し出す視点こそが、近年のマーベル映画の魅力なのだ。

解説者 中井圭
映画解説者。WOWOW「映画工房」「WOWOWぷらすと」TOKYO FM「LOVE CONNECTION」「生シネ」「映画の天才」「ナカメキノ」「映活」「偶然の学校」「観ずに死ねるか」シリーズ「京都国際学生映画祭2014」最終審査員、ほか映画トークイベントなど

情報提供元: ESTART編集部

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ