E START

E START トップページ > マガジン  > ネットで株を始めた人はここまで知っている?

ネットで株を始めた人はここまで知っている?

2016-05-06 19:33:46

ネットで口座を開くといろいろなツールが無料で使えますが、その中でも株の基本ともいえる株価チャートの基本的な見方を覚えましょう。株価チャートは過去の株価の値動きを視覚的に見れて、今後の値動きの予測をするものです。

株価チャートの基本はローソク足チャートで、ローソク足チャートではローソク1本で1日のなかの始値、終値、高値、安値がわかります。

また、1週間、1か月、3か月、1年などと過去に遡っての値動きもチャートなら一目でわかるので、興味のある企業のチャートを見て値動きをチェックしてみましょう。

また、自分の興味のある企業(たとえば車が好きなら自動車関連会社とか)や、日ごろよく使うスーパーや電鉄株など身近な企業に注目していると、業績の善し悪しも気が付きやすいだろうし暮らしの中で株価の勉強をしながら楽しく投資をしていくことができるように思います。

自分の身の丈に合った資金で、無理のない投資を楽しみましょう。そろそろいろんなツールを使って株価の研究をしてみましょう
63-1

チャートや四季報から株価を探る

ネットで口座を開設するといろいろなツールが無料で使えますが、初心者にはなかなか読みこなせない物が多いのも確かです。

でも、少し株の投資経験を積んだからと言ってそうそう簡単に今後の株の値動きや企業の業績がわかるものではありません。ですが、何にも知らないと今後どんな株を買っていけば良いのか目安も無いので、チャートの見方から少し勉強したいと思います。

株価チャートは過去の株価の値動きを視覚的に見れ、今後の予測を立てるのに初心者にも分かりやすいツールです。

株価チャートの基本はローソク足チャートです。ローソク足チャートはローソク1本で1日の中の始値、終値、高値、安値がわかります。
また、1週間、1か月、3か月、1年などと過去に遡っての値動きもチャートなら一目でわかるので、興味のある企業のチャートを見て値動きをチェックしてみましょう。

63-2

株の購入はタイミングが大切です。業績の良い安定株でも高値で買ってしまったらそれ以上の値上がりはあまり期待できなくなります。逆にあまり業績が良くない企業でもあきらかに株価が値下がりしすぎているところから上昇傾向に向かい出した時に買えば、その企業の平均的な株価までは上昇する可能性はあります。

株価が割高か割安かという事だけでなく、今、上昇基調なのか下降気味なのかという事もチャートを見ていれば分かるようになっていくので、ぜひチャートの見方は覚えてください。

身近な企業、興味のある分野の見る

63-3

自分の興味のある企業(たとえば車が好きなら自動車関連会社とか)や、日ごろよく使うスーパーや電鉄株など身近な企業に注目していると、業績の善し悪しが数字だけではなく肌で感じる事もあり、株価の変動に気が付きやすいこともあります。

そうした企業では、キャピタルゲインも狙えますが、長く保有して配当や優待で楽しむ方法もあります。暮らしの中で株価の勉強をしながら楽しく投資をしていくのも株を楽しむ方法かもしれません。

単元株を買う

63-4

これまでの事を踏まえ、単元株(企業が株を売買するうえで決めている最低ライン)で
買ってみましょう。配当ももらえるし、優待ももらえます。

まとめ

63-5

初心者が株投資を始めるときに「損はしたくない」と思ってなかなか購入する株を決められず口座は開設したものの取引はしていないと言う人もいます。けれど、株投資をするからには儲かることもあれば損をすることもあります。損をすることを恐れず、けれども投機的になりすぎず、身の丈に合った余裕の資産で楽しみながら株投資を続けられたらと思います。

情報提供元: ESTART編集部

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ