E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 安室奈美恵の引退から90年代コギャル文化までを映画化『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

安室奈美恵の引退から90年代コギャル文化までを映画化『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

2018-09-20 21:30:11

の先日、引退した安室奈美恵。そんな日本を揺るがす一大事を早速盛り込んだ映画が現在公開中の『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。

韓国で大ヒットした『サニー 永遠の仲間たち』の日本版を、『モテキ』や『バクマン。』など、サブカル映画実積のある大根仁監督がメガホンをとりました!!

大根監督の手腕により、アラサー女子たちが90年代のコギャル時代を回想し、友情復活のハートフル・コメディに仕上がってしまいました!!やっぱり大根監督は信用度高し!!

 

なんと言っても豪華キャスト!!

テレビで安室奈美恵の引退報道を見つめるアラサー。母のお見舞いへ行ったのがキッカケで、コギャル時代の友達が余命いくばくと知る主人公は篠原涼子!!しかも、その主人公のコギャル時代を演じるのは広瀬すず!!

もう観たくなりますよね?!

そして、病気の友達の為にコギャル時代の仲間を集合させるミッション発令!!その友人たちには、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美!!どうですか?!この豪華なキャスティング!!

高校の頃から会ってない友人たち探しを、リリー・フランキー演じる怪しくて空気の読めない探偵に依頼。見つかりはするんですけど、みんな、もうアラサー!!それぞれに問題を抱えてて……。

という重厚になりそうなドラマをコギャル時代のヤンチャが過ぎる回想シーンでコミカルにカバー!!

田舎から転校してきた広瀬すずが都会の女子校で様々なカルチャーショックを受けていくという設定なので、90年代を知らないナウいヤングたちにも安心設計です。

 

音楽は小室哲哉!!

主人公が母校へ向かうシーンから、1カットで回想シーンへトリップ!!

音楽は90年代のヒット曲の有線か?!というレベルで当時のヒットナンバーが続きます!!

安室ちゃんの「SWEET 19 BLUES」や「Don't wanna cry」。大ヒットドラマ『ロングバケーション』の主題歌だった久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」。hitomiの「CANDY GIRL」。ジュディマリの「そばかす」。Charaの「やさしい気持ち」。PUFFYの「これが私の生きる道」。
なんと、本作の音楽を担当するのは、小室哲哉!!

PHSにプリクラに写ルンです、雑誌「egg」、ルーズソックス!!当時のビジュアル&時代感を完全再現!!90年代の思い出が走馬灯のようにフラッシュバック!!

 

怒涛のクライマックス!!

現在パートの仲間集めと回想パートのダンス大会への練習の日々が同時進行。クライマックスで、なぜ、こんなに仲の良かった仲間たちがバラバラになったのかが判明!!号泣必至なラストへ雪崩れ込みます!!

個人的には、池田エライザのコギャル姿を拝むだけでも観る価値ありです!!


©2018「SUNNY」製作委員会

 

SPA! 2018年9/11号 (2018年09月04日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ