E START by JWord

E START トップページ > マガジン  > 乾燥性敏感肌の悩みに寄り添う動画 「ママのバースデープレゼント大作戦」が130万回再生突破!

乾燥性敏感肌の悩みに寄り添う動画 「ママのバースデープレゼント大作戦」が130万回再生突破!

2018-12-14 17:48:54

12月を迎え、冬の寒さも本格的になってきました。冬は寒いだけでなく乾燥する季節でもあり、肌に悩みを抱える人にとっては辛い季節です。そんな中、花王株式会社の乾燥性敏感肌を考えたスキンケアブランド「キュレル」が「11月12日(イイヒフ)の皮膚の日」に公開したWEB動画「ママのバースデープレゼント大作戦」が公開1ヶ月で130万回再生を突破しました。

この動画は、「キュレル」が乾燥性敏感肌の方に「365日・前向きに過ごしていただきたい」という願いから「想いで、人は潤う」をテーマに制作。「肌荒れが気になって、おしゃれが楽しめない」と乾燥性敏感肌に悩む母に、家族がサプライズを行うというストーリー。母の肌悩みを知った父と子どもたちはサプライズのバースデープレゼント大作戦を企画します。

動画ストーリー

動画はお母さんのインタビューシーンからスタート。乾燥性敏感肌で、洋服の肌に当たる部分が気になってしまい、好きな洋服を選べないことなどを悩んでいるようです。

このインタビューを見た姉妹は、「大好きなママを喜ばせてあげたい」と、お母さんに肌に優しい洋服を作ってあげることを提案。2人で洋服のデザインから考え、生地も自分たちで買いに行ってドレスを作ります。

2人でデザインや着心地など試行錯誤しながら、ついにドレスが完成。誕生日のメッセージも添えてお母さんに渡す準備ができました。

毎日の感謝と誕生日おめでとうというメッセージをドレスと共にプレゼントしてもらい、お母さんは思わず泣いてしまいました。感動で姉妹にも涙が。感動的なシーンです。

以上が今回の動画のストーリー。姉妹が母親のために一生懸命ドレスを考え作っている姿や、日々の感謝の言葉を綴った手紙が感動的な動画でした。

家族の思いやり行動と肌悩みに関する調査

花王のスキンケアブランド「キュレル」は、動画公開の他にも既婚男女計1,000人を対象に「家族の思いやり行動と肌悩みに関する調査」を実施しました。

肌悩みがあるとき、気持ちに寄り添ってもらえるだけで嬉しい

乾燥性敏感肌者を対象に、「肌悩みがあるときに家族がしてくれたら嬉しいこと」を聞いたところ、 「言葉をかけてくれるだけで心配してくれているのだと思い、嬉しくなる。」(女性・40代) 、「辛い気持ちに共感してくれるだけでよい」(女性・40代) 、「嘘でも『気にならないよ』と言って自信をもたせて欲しい」(女性・30代)など気持ちに寄り添ってもらうだけで嬉しいといったコメントが多く寄せられました。

調査結果① 家族への思いやりは大切、でも家族の悩みを聞いている人は少ない

既婚男女の98.7%が、家族に対して思いやりを行動で示すことが大切だと思うと回答。しかし、「家族が悩んでいる時は相談にのる」と回答した人は半数以下の48.1%と低い結果になりました。

調査結果② 肌悩みの辛さは、家族にも打ち明けづらいデリケートなものだった

乾燥性敏感肌者に向けて、肌荒れが辛い時に家族に相談するかを聞いたところ、64.4%が相談しないと回答。肌悩みは一人で抱え込む傾向にあることが明らかになりました。

調査結果③肌の調子が悪いとき、家族に気にかけてほしい人は9割以上

肌の調子が悪いときに気にかけてほしい相手について聞いたところ、 91.2%が配偶者・子ども・親などの「家族」と回答。

また、肌悩みがあるときに家族がしてくれたら嬉しいことを聞いたところ、 気持ちに寄り添ってもらうだけで嬉しいといったコメントが多く寄せられました。

「言葉をかけてくれるだけで心配してくれているのだと思い、嬉しくなる。」(女性・40代)

「辛い気持ちに共感してくれるだけでよい」(女性・40代)

「嘘でも『気にならないよ』と言って自信をもたせて欲しい」(女性・30代)

調査結果④自分の肌に自信を持つことは難しいけれど、家族に肌を褒められるとうれしい

肌の調子がよい時に家族に褒められると嬉しいと答えた人は77.8%と高い数値になりました。家族からの一言で前向きな気持ちになれることが伺えます。

 

なかなか人に言えない肌の悩み。家族に悩んでいる人がいる方は親身になって悩みを聞いてあげてみてはいかがでしょうか。

日経ヘルス 2016-09-06 発売号
Fujisan.co.jpより

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント

ページの先頭へ