E START

E START トップページ > マガジン  > 直球勝負?それともサプライズ派?こっそり148回プロポーズした男性が話題に!

直球勝負?それともサプライズ派?こっそり148回プロポーズした男性が話題に!

2016-07-03 11:47:34

愛し合うカップルにとってプロポーズは人生の一大イベント。求婚するほうも、されるほうもハラハラ・ドキドキのサプライズな瞬間。

今回は、そんなプロポーズにちなんだ微笑ましいエピソードをご紹介します。主人公はイギリス在住のレイ・スミスさんと恋人のクレア・ブラムレイさん。

レイさんの“ちょっと変わったプロポーズ”がネットで話題となり、その証拠にYouTubeの再生数も540万回を超える大ヒット!

無事にプロポーズを成功させ来年には結婚式を挙げるそうですが、それまでの地道な努力が感動的で祝福せずにはいられないサプライズなんですよね。

恋愛から結婚へ149回目のプロポーズが話題に

さかのぼること6ヶ月前。レイさんは半年後にプロポーズすると決め、密かに“ある準備”を進めてきました。

それは、彼女のクレアさんと写真を撮るたびに「will you marry me(僕と結婚してください)」と書いたメッセージカードを一緒に写すというもの。

01-1

2015年7月から12月までの6ヶ月ものあいだレイさんは写真を撮り続け、その数なんと148回。つまり、バレないように“こっそり”148回もプロポーズしていたわけです。

あらゆる場面でメッセージカードを写し込ませていたのにクレアさんは一度も気づく気配がなかったらしく、順調に計画通り写真を撮り続けていきます。

それにしても、撮るほうの気持ちを考えるとバレないようにヒヤヒヤだったでしょうね。

そして、プロポーズ本番

そんなこんなで6ヶ月が過ぎ2016年のクリスマスの日、レイさんは148枚の写真でフォトムービーをつくりプロポーズを決行。

動画を上映し終えたあと、この日はじめて自分の言葉で「僕と結婚してください」と伝えました。もちろん答えは「YES」で、めでたく二人はゴールイン。

クレアさんは148回もプロポーズされていたなんて知るはずもなく、サプライズを知ったときは感動が止まらなかったとのこと。

考えたくもありませんが、もし返事がNOだったら…どうなっていたんでしょうか。何はともあれ無事にプロポーズは成功したわけで、しかもクレアさんは妊娠8ヶ月目。

幸せいっぱいの二人を称賛する声がネットでも多く書き込まれており、なんとも微笑ましい気分になれるニュースでした。

「so beautiful. made me cry!I want to see wedding pics!」
(とても素晴らしい!もらい泣きしちゃった。ぜひ結婚式の写真も見たい!)

「That’s so touching and romantic!Stay happy forever!」
(感動的で実にロマンチック!末永くお幸せに)

「It’s amazing! Cute and lovely!」
(すごい!キュートでかわいい!)

出典:My unusual 148 day wedding proposal to claire full(YouTube)

参考:Guy takes 150 photos of girlfriend with ‘will you marry me?’(METRO87.1M)
http://metro.co.uk/2016/01/13/longest-proposal-ever-guy-takes-150-photos-of-girlfriend-with-will-you-marry-me-hidden-in-the-background-5620235/

あなたはサプライズ派?

人生で大切な瞬間を、できるだけ記憶に焼き付けておきたいと思うのは当然。結婚という重要な選択肢を前にして、“サプライズ”で愛を誓うカップルも多いようです。

今回ご紹介したレイさんも、これから長い結婚生活を送るうえで一つの区切りとして、いつまでも二人の記憶に残るプロポーズを選んだのだと思います。

しかし、実際にサプライズ・プロポーズするなら、ある程度の自信がないと厄介かもしれませんね。万が一、断られたときにはショックが大きいですし…。

そう考えると、実行するには勇気がいりますね。あと、相手の好みにも左右されるでしょうから、場合によってはストレートなプロポーズのほうが好印象というケースもあります。

ところで、あなたは直球勝負?それとも、アッと驚かせたいサプライズ派?今後、結婚を考えられるパートナーと巡り合えたときのために、参考にしてみてはいかがでしょうか。

情報提供元: ESTART編集部

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント