E START

E START トップページ > ニュース > 総合

横浜市女性殺人事件 死因は出血性ショック 神奈川県警

総合
2024-06-11 22:27

おととい、横浜駅近くの路上で57歳の女性が殺害され、面識がなかったとみられる33歳の無職の男が逮捕された事件で、女性の死因は出血性ショックだったことがわかりました。


無職の安藤幸生容疑者(33)は、おととい夜、横浜駅近くの路上でフィリピン国籍の礒崎アリスヒマオさん(57)の胸などを刃物で複数回刺し、殺害した疑いがもたれています。


警察によりますと、安藤容疑者は容疑を認めたうえで、「女性と面識はなかった」と供述しているということです。


警察は遺体を司法解剖して調べていましたが、礒崎さんの死因が出血性ショックだったことを明らかにしました。


警察は引き続き、安藤容疑者の動機などを詳しく調べています。


情報提供元:TBS NEWS DIG Powered by JNN

この記事へのFacebookのコメント

人気記事

ページの先頭へ