E START

E START トップページ > ニュース  > 経済

人食い細菌が免疫阻止 大量の脂質で、大阪大解明

経済
2018-12-15 07:23

感染すると、手足の壊死や多臓器不全などを引き起こす「劇症型溶血性レンサ球菌」は、特定の脂質を大量に作り出し、免疫系からの攻撃を阻止していることが、大阪大微生物病研究所の山崎晶教授(免疫学)らのチームの......

続きを読む

この記事へのFacebookのコメント

人気記事

ページの先頭へ