E START

E START トップページ > マガジン  > 「昭和50年男」7月号の特集は「1997年 邦楽レボリューション」。音楽シーンに新潮流が生まれた1997年を大特集!

「昭和50年男」7月号の特集は「1997年 邦楽レボリューション」。音楽シーンに新潮流が生まれた1997年を大特集!

2021-06-11 07:00:02

昭和50年・1975年生まれの男性向けに特化した年齢限定マガジン「昭和50年男」7月号が、6月11日に発売となります。

vol.011となる今号の特集テーマは「オレたちが共鳴した音楽 1997年 邦楽レボリューション」。邦楽の隆盛が著しかった90年代はミリオンセラーが続出。さまざまなジャンルが登場し、「好きなものを聴けばいい!」という新時代が訪れた“1997年の音楽シーン”を掘り下げています。

今回の特集は「CHAPTER 1」~「CHAPTER 5」の5部構成。「CHAPTER 1」には表紙で時代を超えたコラボが実現した、コーネリアスこと小山田圭吾さんが登場。当時の東京の音楽シーンを語っています。

「CHAPTER 2 新世紀グルーヴ」では、「SMAPという音楽プロジェクト」を始め、97年に見られた新潮流を検証。松尾“KC”潔 が語る「日本のR&Bの夜明け」に加え、バラエティ番組から誕生したポケットビスケッツなどをピックアップしています。

「CHAPTER 4 音楽フェス」では、「FUJI ROCK FESTIVAL」を中心に、「AIR JAM '97」や、「B-BOY PARK」など、日本のフェス文化に焦点を当て、ラストの「CHAPTER 5 レビュー」では、97年のシーンを語るには欠かせない作品たちを「STANDARD DISC GUIDE」でまとめて紹介しています。

その他の特集には、声優ブームの一翼を担った横山智佐さん、世界的なアクション監督・谷垣健治さん、元プロ野球選手・江夏 豊さんなどが登場し、読み応えたっぷりのラインナップとなっています。

「昭和50年男」7月号は6月11日に発売です。

昭和50年男 No.10 (発売日2021年04月11日) クレタパブリッシング
Fujisan.co.jpより

情報提供元: マガジンサミット

  • Twiiter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント