E START

E START トップページ > マガジン  > あなたの犬のシャンプーの仕方は大丈夫!?デリケートな犬の皮ふ守るには“もふもふ洗い”が重要!

あなたの犬のシャンプーの仕方は大丈夫!?デリケートな犬の皮ふ守るには“もふもふ洗い”が重要!

2022-05-13 18:30:55

未だに終わることのないコロナ禍。そのコロナ禍において、新たに犬を飼う人が増えているようです。2021年に行われた全国犬猫飼育実態調査によると、1年以内の新規飼育者の飼育頭数は、犬・猫共にコロナ前の2019年に比べ、2020年、2021年ともに増加しています。

しかし、やはり犬を飼うには正しい知識が必要。この度、ライオン商事株式会社では、愛犬家 9822人を対象にアンケートを実施し、正しい愛犬のシャンプーの仕方を専門家に聞いています。

「愛犬へのシャンプー習慣」に関するアンケート

犬の表皮は「ヒトの 1/3 程度の薄さ」しかなく、とても繊細で敏感です。今回行ったアンケートでは「愛犬へのシャンプー習慣」に着目。シャンプー習慣の実態が明らかとなりました。

・愛犬の肌を考えて低刺激性のシャンプーを選んでいるか

調査ではまず、愛犬の肌を考えて低刺激性のシャンプーを選んでいるかを質問。結果は57.1%の人が「はい」と回答し、肌へのやさしさを考慮して低刺激性タイプのものを選ぶ飼い主が過半数を超えていることが分かりました。

・洗う時に愛犬の皮ふを傷つける不安を感じているか

次に、自分で洗う時に愛犬の皮ふを傷つける不安を感じているかを質問。「はい」と回答したのは14.8% と意外と少ないことが判明しました。

これら結果から、皮ふのことを思って低刺激性シャンプーを選んでいるにも関わらず、洗い方・泡立て方次第では “実は愛犬の皮ふに負担がかかっている” 可能性があることが伺えます。

遠山獣医師のコメント

今回は犬のシャンプーの仕方について、遠山獣医師に話を伺っています。

遠山獣医師「液体シャンプーなどでごしごし泡立てながら洗うことは、犬の薄い皮ふに負担がかかる可能性があります。間違ったケアは肌トラブルの元になりかねません。低刺激性のシャンプーを選ぶのはもちろんですが、実は洗い方はとても重要。泡立ての際にはどうしても余計な力が入ってしまうため、泡立てのいらない『泡タイプのシャンプー』を使い、摩擦を少なくして、泡でやさしくマッサージするように洗ってあげることをおすすめします」

「もふもふ洗い」で優しくシャンプー

ライオン商事では、泡で出てくるリンスインシャンプーを使用した、やさしくマッサージするような洗い方を「もふもふ洗い」と命名し、愛犬の肌をいたわったシャンプー方法を推奨していく取り組みを開始。動画を使って詳しく解説しています。

[https://youtu.be/QN8zs9nfEb0]

「#もふもふ洗いで泡タイム」 キャンペーン

また、2022年5月2日より、愛犬のボディケア頻度が増える梅雨の時期に合わせた「#もふもふ洗いで泡タイム」キャンペーンを実施。キャンペーン投稿にコメントした方の中から、抽選で100名に「ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー 子犬・子猫用」を贈呈します。詳細は以下のキャンペーンページより。

キャンペーンページhttps://www.lion-pet.jp/petclean/mofumofuarai/

 

一緒に過ごすうえで大切な愛犬のシャンプー。ぜひ体を傷つけないように「もふもふ洗い」をしてあげてください。

wan(わん) 最新号:2022年5月号 (発売日2022年04月14日) 緑書房
Fujisan.co.jpより

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント