E START

E START トップページ > マガジン  > ぺこぱが絵本に登場!「お笑い絵本、悪くないだろう…」

ぺこぱが絵本に登場!「お笑い絵本、悪くないだろう…」

2022-06-21 07:00:16

芸人ブームや絵本ブームがあってか、くっきー!さま、劇団ひとりさまをはじめ、たくさんの芸人さんが絵本を出されております。そんな数ある芸人絵本の中でも唯一、芸人絵本をシリーズ化しているのが、NHK Eテレで映像化された「怪談えほん」シリーズも手掛ける岩崎書店でございます。こちらの「お笑い絵本」シリーズ、キャスティングがゴイスーにシブいのでございます。お笑い通が「この担当者、笑いがわかっているな」と納得のキャスティングんなのでございます。

それもそのはず、シリーズの監修を務めるのは、「ダウンタウンDX」、「M-1グランプリ」など、数々のダウンタウン番組、お笑い番組を手掛ける大御所放送作家、倉本美津留さまでございます。「ダウンタウンDX」のポストくんの声を担当していたのも倉本さまでございます。伝説の大喜利番組、松本人志の「一人ごっつ」の大仏(師匠)の声も担当されておりました。

そんな倉本さまにキャスティングされた芸人さんは、笑飯さま、サンドイッチマンさま、ぺこぱさま、板尾創路さまでございます。

『ポジティブどうぶつえん』(作:ぺこぱ 絵:ア・メリカ 編集:倉本 美津留

出版社:岩崎書店

ちなみに、先日(6月16日)、出版されたばかりなのが、ぺこぱさまの『ポジティブどうぶつえん』でございます。

芸人さんが絵本を出す場合、その芸風は絵本に反映されることは多くはないのですが、こちらの絵本は、なぜか松陰寺太勇口調になってくるほど、ぺこぱ色満載でございます。そもそも、絵本の口調がペコパ口調(松陰寺口調)で書かれているのでございます。読んでいると、松陰寺気分、お笑い芸人(ぺこぱ)になった気分が味わえるのでございます。子どもに読み聞かせをするパパ・ママは楽しいこと間違いナッシングでございます。もちろん、子どもも大喜びでございます。親子で、ぺこぱがお楽しみ頂けます。普段、絵本を手に取らないパパも是非一度、お試しいただきたい絵本でございます。

内容は、ひとことで言うと映画「SING/シング」の絵本版のようなイメージでございます。詳しくは、検索もしくは、店頭でご確認くださいませ。ちなみに、担当編集者の堀内氏のツイッターでは、「絵本のどこかにぺこぱさんが登場しますよ。ぜひ読んでおくんなまし〜♪」とのこと。こちらも、是非チャレンジして頂ければと存じます。

そして、7月15日には、俳優・映画監督としても活躍する奇才・板尾創路さまの初絵本が、このシリーズから出版されます。ダウンタウン世代のお笑い通としては、気になって仕方がございません。タイトルが、『うまにんげん』。出版社のサイトには、内容紹介として、こう書かれておりました。「ぼくの名前はケンタ。なぜ、こんなすがたになったかって?ある日、猛スピードで走ってきた子馬とぶつかったんだ。最初は嫌だったけど…」と。

奇才・板尾創路の独特な世界、こちらも要チェックでございます。

『うまにんげん』(作:板尾 創路 絵:大串 ゆうじ 編集:倉本 美津留 出版社:岩崎書店)

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

情報提供元: マガジンサミット

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント