E START

E START トップページ > マガジン  > 副業を始めてから知らなければならないこととは!?

副業を始めてから知らなければならないこととは!?

2016-05-06 19:40:41

仕事の案件内で疑問やトラブルが生じた場合には、その担当者にできるだけ早く連絡をとり相談してください。担当者はトラブルのプロなので迅速に皆さんの相談にのり、そのトラブルを解決してくれます。また、納期が間に合わないような場合には早めに謝罪とその理由を担当者に伝えてください。

早ければ他の人に変わってもらうなどして納期に送れずに済みます。次に、支払い方法ですが、クライアントさんの会社によって支払日が違うため仕事を受ける前に支払日などは確認しておいたほうがいいです。支払い方法も口座に送金する場合やアマゾン商品券などに替える選択もできる会社などもあります。

口座を自分で持っている人はいいですが、持っていない人などは本人確認がある場合があるので、家族の人に事情を話し電話連絡が来たら電話口にて本人確認を行ってください。

副業の案件で疑問がある場合

50-1

案件の形式や規則について質問がある場合には管理人さんへ直ぐに質問したほうがいいでしょう。早ければその日のうちに解決でき、仕事が再開できます。文章についての質問がある場合には規則を読んでから担当の編集へ連絡を取ってください。

副業の案件トラブルが起きた場合

50-2

その案件を担当している管理人さんに相談して解決してください。心配のあまり感情的になってしまう場合もありますが、管理人さんはそのようなトラブルを長年見てきているプロの人が多いのであまり心配せずに管理人さんの支持通りに従ってください。

副業の賃金支払い方法

50-3

クライアントさんの会社の支払い方法によって違いますので、基本的にはクライアントさんの会社の規則に従ってください。

自分の口座を持っている場合

50-4

支払い方法を指定されますので、指定されたらその指定先のフォームに自分の氏名、銀行名、銀行支店名、銀行口座番号などを入力します。間違えて入力すると入金が遅くなる場合もありますので慎重に入力してください。クライアントさんの会社の取引銀行でない場合には手数料がかかりますがそれは自分持ちになります。

それ以外にはアマゾンの商品券での支払いなどの選択もできますので誰かにプレゼントなどを送りたい時にはおすすめです。本人確認のため、クライアントさんや副業仲介会社から電話がかかってくる場合がありますので、サイト内にその旨が記されていた場合には電話口で本人確認を行ってください。

家族の口座に入れる場合

上記と同様に指定したい家族の銀行情報を入力します。これも本人確認が必要な場合がありますので、その場合には指定した家族に事情を話し電話で本人確認をしてもらってください。

まとめ

50-5

仕事の案件でトラブルが起きることは度々ありますが、担当の人に直ぐに連絡をとれば大抵小さな問題ですむようなことばかりです。1番トラブルになりやすいのが、納期までにできないことです。その場合には早めに担当の人に謝罪とともにその理由を話すことが大切です。早くに話せば担当の人が他の人に割り振るなどしてあまりトラブルが大きくならずに済みます。ここまでで、副業で仕事をやりおえ、給料が支払われました。

情報提供元: ESTART編集部

  • Twitter投稿
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

この記事へのFacebookのコメント